ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ベリーライフコンサルタント 代表取締役 斎藤 和孝

― 御社のファイナンシャルプランニングの特徴はどんなところにあるのですか。

 当社では、メリットだけでなく、デメリットも全てお伝えして、お客様に決断してもらうというスタンスを取っています。また、1回で説明を終わらせず、何回かお会いしてお客様にしっかりと納得してもらうようにしています。最初の1回目は気づきの時間だと思っています。自分たちの家計や将来設計のどこに問題があるのかまず気づいてもらう。そして、一度持ち帰り、もう一度じっくり考えてもらい、次回につなげていきます。

 また、弁護士などの専門家をはじめ、海外の金融機関との独自のネットワークも構築していますので、例えば相続問題なども専門的なことは信頼できる弁護士をご紹介することができますし、日本の金融機関では扱っていない海外の金融商品を紹介することができるというのも、当社の特徴の一つです。もちろん、ご紹介する投資や保険などの金融商品は全て自分でも投資し、体験済みのものです。自分がお金を出し、いいと思った商品でなければ人にお勧めしません。それは自分の大切なポリシーにしています。

― プロの目から見て、将来の人生設計を考える際に大切なポイントがあったら教えてください。

 20代30代の人に老後を考えなさいと言っても難しいと思いますが、10年くらい先の意識は常に持って欲しいと思います。10年後どうありたいか。今の仕事を続けていくのか、それとも転職するのか。30歳の人が10年後に家を持ちたいというのも立派な人生設計です。そういうプランを少しずつ明確にしていくことが大切です。まずは迷ったら気軽に相談に来てください。

 一番いいのは結婚するタイミングで相談に来ていただくことです。そうすれば、家を買うのか、賃貸がいいのか。お子さんは何人くらいほしいと考えているのか。将来の青写真を1枚のシートにしてライフプラン表を作って差し上げることもできます。相談をきっかけに新たな気づきも生まれますし、将来像がより具体的になってきます。それはFPに相談する大きなメリットだと思います。

― 今後のビジョンについて教えてください。

 将来の不安を抱えていない人はいません。世の中は複雑になっていますし、今後ますますファイナンシャルプランニングが必要な時代になっていきます。例えば、預金を増やすための目安を計算するのに72の法則というものがあります。元本を2倍にするのに何年かかるか。72を年数で割ると金利が出ます。10年だと7.2ですから、年7.2%の金利で回すと10年で倍になるということです。今の銀行の預金金利0.04%で計算すると、100万円を200万円にするには1800年くらいかかることになります。資金の配置の仕方、投資の仕方を真剣に勉強していかなければ増やすことができない時代なのです。今後も、これまでのスタンスを大切にし、お客様が気づいていないことを噛み砕いてわかっていただくとともに、新しい情報を常に仕入れて、お客様の立場に立って提供していけたらと考えています。

■ 斎藤 和孝 (さいとう かずたか)

1964年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学卒業後、金融機関において商品ファンドなどの投資商品の開発、販売戦略の作成に従事。98年ファイナンシャル・プランナー(AFP)資格取得、資産運用のアドバイザーを務める一方で、生命保険のライフコンサルタント取得。主に個人の資産保全、運用に関わる幅広いコンサルティング業務に携わる。2005年ベリーライフコンサルタント設立。CFP(R)、1級ファイナンシャルプランニング技能士。2006年法人登記。株式会社ベリーライフコンサルタントを設立し、現職。

著名経営者

  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳

プロフィール

  • お名前斎藤 和孝
  • お名前(ふりがな)さいとう かずたか
  • 出身神奈川県
  • 血液型A型
  • 趣味釣り、バンド、野球
  • 家族妻、長男、長女、次女
  • 今までに訪れた国18ヵ国
  • 尊敬する人王 貞治
  • 好きなスポーツ野球
  • 好きなミュージシャンMr.Children
  • 好きな歌(曲)HANABI
  • 出身校早稲田大学