ニッポンの社長

ニッポンの社長 > ディー・アンド・リー株式会社 代表取締役/ダルマ塾 塾長 藤原 悟

※インタビュー内容は、当時(2018年)のものです。

― たとえばどのような例がありますか。

 保険業界で言うと、たくさんありますが、たった一年足らずで最低給からMDRT(Million Dollar Round Tableの略。卓越した 生命保険・金融プロフェッショナルの組織。)の常連まで登りつめた方や、社内では中間クラスの成績から1年程度で会社の称号を2ランクアップし、エグゼクティブまでのし上がった方などさまざまです。

 こうして成果を出した方々の共通点は、自らの個性を認め自信をもち、それぞれのもつ強みを伸ばしたことです。「変わった」とは少し違う感覚ですね。彼らは現在もダルマ塾に通っていますが、私があれこれ言わなくてもつねに次の成長を展望しており、とても頼もしく成長してくれたなと感じています。

 また保険業界以外ですと、営業力をあげたいと相談に来たある女性は、お母さんと10数年も口を利いていないほど仲が悪く、それが仕事に悪い影響を与えると周りから言われて悩んでいました。

 私は、「嫌いなのだから、無理に好きになる必要はない」と諭し続けました。すると半年ほど経ってから「気がついたら、毎日、母と電話で話せるようになった」と言うんです。母親へのスタンスを自分で認めることで、不思議と話せるようになったとのことでした。私にとっては想定内のことでした。こうした、ひとつのコミュニケーションの壁を越えたことがまたひとつ自信となり、仕事でも大きな契約が取れ結果的に営業成績も5倍になったと喜んでくれました。

 くわえて彼女は、「大きな契約が取れたことがうれしいのではなく、大きなお金を預けていただけるほど、自分を信頼してもらえたことがうれしい」と言っていました。本当の自分を認めることで得られた自信のひとつと言えるでしょうね。

― 自分を変えるのではなく、本来の自分を認めることで人生が変わるという?

 自分を認めることでその人ならではの個性を見つけ、固有のブランドに変わっていくためのトレーニングを行います。

 営業の目標設定やセールストークなどのスキルも教えていきますが、もっとも大事なのは、土台となる在り方の部分。つまり、営業成果をあげるだけではなく、充実した人生を送りたい人すべてに活かせるトレーニングと言えます。

― そうした強みを体現できるようになったのはなぜなのですか。

 私が外資系生命保険会社で培ってきたことがベースになっている部分が大きいですね。

 そのなかで私は、理念やビジョンというものをずっと大事にしてきました。特に私が考えたのが、理念は組織内のトップダウンやボトムアップで浸透させるのではなく、フラットな関係性のなかで、おのおのが自分のビジョンを見据えていくこと。生保会社にいたときも、社員一人ひとりに理念とビジョンをもたせて、自分ならではの目標に向かって走らせました。

 それは今のトレーニングの中身にもつながっていて、塾生一人ひとりに自分だけの理念とビジョンをもってもらいます。

 自分が大事にすべき理念や、向かうべきビジョンは、自己理解のなかから出てくるもの。自分のなかにある想いを自ら引き出し、理念としてカタチにする。それも自身の個性への気づきになっていくんですよ。

著名経営者

  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋

プロフィール

  • お名前藤原 悟
  • お名前(ふりがな)ふじわら さとる
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間6時
  • 趣味マラソン、大型バイクツーリング
  • おススメ本大きな木
  • 座右の銘人の喜びをもって我の喜びを知る
  • 尊敬する経営者小池淳義さん
  • 尊敬する歴史上の人物後藤新平
  • 好きな食べ物カレー
  • 好きな言葉人を残すは上なり
  • 好きな作家スティーブンキング、手塚治虫
  • もし生まれ変わったら?高倉健
  • 過去に戻れるならいつ?今が一番いいと思うように努力しています
  • 休日の過ごし方温泉、映画
  • 好きなお酒の銘柄黒霧島
  • 飼ってるペットミニチュアシュナウザー