ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 有限会社フォーカス・ビジネスプロデュース 取締役社長 大石 達也

― そのために行う御社のコンサルティングの中身を教えてください。

 当社では、中堅・中小企業の経営者や社内のビジネスプロデューサーに向けて、次のようなアプローチでビジネスプロデュースに関するコンサルティングを行っていきます。

 まず、クライアント企業の新規事業に賭ける想いとそのプロジェクトの重要性をチェックして、企業の「ビジネスプロデュース度」を診断することから始めます。

 次世代を担う新規事業の立ち上げには、複数の部署との連携が必要であり、さまざまな軋轢や障害が社内に発生しがちなもの。それを克服する覚悟と調整力が不可欠であり、経営幹部との面談などを通じてそれを推し量ります。

 次に具体的なメニューを組んでいきますが、それは大きく分けると、ビジネスプロデュース・マインドを経営幹部に身に付けてもらうためのコンサルティングと、社内ビジネスプロデューサーとプロジェクトチームへの実務的なコンサルティングの2つとなります。

 いずれのコンサルティングの中身も標準化されたもので、クライアントの状況に応じてコンサルティングを進めるスピードは調整していきます。そして事業を実際にスタートさせるための事業計画を策定するところまで到達します。

 事業計画に対して社内承認が下り、実際の新規事業プロジェクトがスタートした後は企業によって推移は異なります。ここからは臨機応変にアドバイザーとしてプロジェクトに参画し、事業が順調に滑り出すまでのサポートを継続していくことになります。

― この一連のプロセスにおいて重要な点は何でしょうか。

 私自身がビジネスプロデュースを代行するのではなく、社内に新規事業を担うビジネスプロデューサーを育て、ノウハウを社内に残して企業を成長させていくことが重要です。いずれビジネスプロデューサーが社内で独り立ちでき、新規事業を生み出すノウハウがその企業の中に根付いていくお手伝いをすることが大切なのです。

 そして新規事業で新たな市場への進出が必要であれば、そこに果敢に飛び込んでみることが大切でしょう。市場に自ら飛び込むことで、新たな人脈ができ、必要な情報が得られていく。それが新規ビジネスを成功させるための重要な鍵となります。

― 実際に御社が手掛けた、企業プロジェクトの主なサポート事例を教えてください。

 いくつかありますが、日本企業の例では、老舗の産業資材メーカーで新規事業戦略部門の活動を総合的にサポートしています。あらたな成長の柱となる事業を立ち上げるべく、まずは自社が数年後にどうありたいかというビジョンを明確にするところからはじめました。今までとは異なる発想で国内外のユニークな新製品や技術を持つ複数の企業との協業を行い、日本国内およびアジア市場への展開を目指すプロジェクトが今も進行中です。

 またインバウンドでは、浄水器の新技術を世界で初めて実用化した欧州メーカーの日本市場参入をプロデュースした事案があります。国内で幅広い販売ネットワークを持つ企業や技術的なフォローのできる企業との連携体制構築など、欧州メーカーと複数の国内市場パートナーとの多岐にわたる調整を図り、まずはB2C市場参入を果たしました。現在、次の展開としてB2B市場への参入が進行中です。

 またシンガポール・マレーシアの大手切花生産・輸出企業が日本市場に参入する際のサポートでは、国内市場流通の各専門家とプロジェクトチームを結成。現地生産者と市場をより有機的に結び付ける独自の参入ルートを構築し、その運営にも携わりました。

著名経営者

  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前大石 達也
  • お名前(ふりがな)おおいし たつや
  • 血液型A型
  • 平均起床時間6時
  • おススメ本ルワンダ中央銀行総裁日記 
  • 今までに訪れた国37ヵ国
  • 出身校大阪外国語大学アラビア語科