ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 理念・ビジョンを大切にする社長 > 株式会社フォーバル 代表取締役会長 大久保 秀夫

― 安易なリストラは別として、経営トップは組織の生き残りを図るため、ときに非情な判断を迫られる場合もあるのではないですか。

 それは否定しません。しかし、経営者はいったんかわした約束を反故にすべきではない。それは、社員に対する裏切り行為だからです。

 もちろん、物販から経営コンサルティングへの業態転換は、簡単ではありませんでした。それまでは営業が中心だったのに、業態転換で積み重ねてきた成功ノウハウが通用しなくなり、苦しむメンバーもいました。そうした壁を社員たちが打破できた原動力は、私を信用し、本気で挑戦してくれたからにほかなりません。もし家族主義の旗を降ろし、リストラを行っていたら、社員は私を信用しなくなり、会社の生き残りをかけた業態転換に誰も真剣に挑戦してくれなかったでしょう。

 どんな困難があっても経営者は約束を破らない、社員を裏切らない。それが事業を継続させる土台のひとつです。

― そのほかの継続経営を可能にするポイントを教えてください。

 社会性・独自性・経済性です。重要なのはこの順番。すべての原点に「社会をよりよくしたい」という使命感があり、それを実現するためのビジネスモデルに独自性をもつ。そして、最終的に継続できる経済性を確保することです。この順序を間違えてはいけません。

 ところが多くの人は儲かるかどうか、経済性を最優先しがちです。儲けが目的になると、人件費や商品・サービスへの投資は単なるコストに化してしまうため、長続きはしません。うまくいっているうちはよくても、外部環境の変化など逆風が吹けば、固定費削減と称してすぐリストラを行ったり、商品・サービスへの投資の切り詰めに走ってしまうからです。それでは有能な人材から会社を辞めてしまい、商品・サービスの陳腐化が加速します。その結果、ヒト・モノといった経営リソースが弱体化。手のほどこしようがなくなります。経済性を最優先した経営は逆境にもろく、かえって継続経営を困難にするのです。

 また、会社の持続的な成長には人材の育成も欠かせません。人材育成は、経営者にとって大きなミッションです。

― 御社では、どのようにして人材を育成しているのですか。

 私は「人材は、かけた時間に比例する」と考えています。外部講師を招き、何回かの研修を受けさせただけで人材が成長するなんてありえません。ですから、たとえば当社では、新卒入社の最初の1年間はすべて研修期間。社会人としての基礎やプロの仕事人としての〝在り方〟の基本をじっくり学んでもらい、2年目にそれぞれの部署に正式配属しています。

 人材を育成するには、〝やり方〟をいくら教えてもダメ。大切なのは、在り方です。木にたとえると、在り方は幹で、やり方は枝葉。どれだけ見栄えのよい枝葉でも、太くてがっしりした幹がなければ、ちょっとした天候不順に見舞われただけで枯れてしまいます。会社経営は困難の連続、天候不順が常態です。職業人として、あるいは人としての在り方を明確にしたうえで、やり方を考える。そうすることで自然に目線が一歩先に向かい、困難を打破できる人材が育ちます。

― 在り方とは、どういうことですか。

 人間として、経営者としての使命のようなものですが、それを説明するのは難しいですね。そこで私は、言葉で教えるのではなく、自分の生きざまを見せることで在り方を伝えています。たとえば、中島(將典氏)を私の後継社長にした際には、社長交代の2年ほど前から、社内の会議はもちろん、得意先との会食、業界の集まりなど、いつも一緒に出かけ、私の仕事のすべてを見せました。社長の仕事のやり方を教えるのではなく、この会社の社長としての在り方を肌で感じてほしかったからです。その2年間は、幹が太く育つのを待つ時間で、「人づくりは忍耐だ」と改めて認識させられましたね。

 しっかりした幹を備えた人材を育成するには時間がかかります。私の代は人材づくりで終わるでしょう。その後は次の世代に託し、会社を大きく育ててくれればいいと思っています。

― 社員を裏切らないという信念も、人間として、また経営者としての在り方のひとつなのですね。

 そうですね。在り方をまっとうし、事業を社会性・独自性・経済性の順番で考える。そして、人材育成に時間をかける。こうした文化が組織の血肉となって伝承されていくことで、100年続く会社になれるのだと思います。カンボジアをはじめとする東南アジアでの教育支援も、まったく同じ精神で行っています。

著名経営者

  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋

プロフィール

  • お名前大久保 秀夫
  • お名前(ふりがな)おおくぼ ひでお