ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 代表理事 井手 敏郎

― どのような方法でそれを行うのですか。

 人が前を向けないのは、消化できない体験や感情があるからです。本人も無自覚に哀しみを胸の内に仕舞い込んでしまっている状況がグリーフであり、中には何十年もその気持ちを引きずったままの人もいるほどです。

 まずは、自分の中にある想いをできるだけ外に出せる空間づくりから始めます。聴き手の雰囲気、距離感などにも十分な配慮がなければ、相手は安心して話ができません。細かな言い回しや繊細な応対を大切にしながら相手の価値観に触れるコミュニケーションを続けます。

 グリーフにおいてアドバイスを嫌う方もいるかもしれません。私たちも黙って耳を傾けることをもっとも大切にしています。しかし、今苦しまれている相手が少しでも早く楽になって頂けるように、痛みを手放すための教育的な関わりやアドバイスも、ときには有効だと考えています。具体的には喪失体験後の心の変化の可能性をイラストでお伝えすることで安心される方も多いです。

― コミュニケーション方法のベースになっているものは何でしょうか。

 当協会のグリーフケアは、1つにはアドラー心理学がベースになっています。アドラー心理学は「勇気の心理学」とも呼ばれますが、人が幸せになるための基盤があると考えてグリーフケアに取り入れています。

 そこには、「自己を受容する」「世界を信頼する」「他者に貢献する」という大きく3つの要素があります。つまり、自分を好きになり、周りを信頼できる気持ちをもち、周囲の役に立てるという意識を大事にすることです。

 哀しみが完全になくなるわけではありませんし、その必要もありません。その上で、この3つの基盤を明確にして関わることで、哀しみに折り合いをつけながら、「苦しい胸の内が楽になった」「人生の新しい意義に気づけた」と感じて頂くために有効な対話や心のケアは何かを常に探求しています。

― 御社のグリーフケアによってどのような影響を受けた例がありますか。

 療養施設に預けていたお父さんを連日見舞っていたにも関わらず、たまたま1日行けなかった日に容態が急変して亡くなり、最期を看取ることができなかった娘さんがいらっしゃいました。彼女はそれを3年以上にわたって悔やみ続け、自分を責めて苦しんでいたのです。

 残念ながら、最期の場面に立ち会えるかどうかはコントロールできません。その場にいたかどうかより大事なのは、そこまで娘さん本人が父親に対してどんな気持ちで向き合ってきたかだと思います。

 この娘さんは、亡くなる前日まで、ほとんど毎日お見舞いに通っていたといいます。15分ほどの陰陽ダイアログの中で、3年間続いた彼女の心の痛みや父親の最期に居合わせられなかった罪悪感が和らいだ姿は印象的でした。

 また別の人の例では、父親が亡くなった3ヶ月後に知らない男性が訪ねてきて、仏壇の前で土下座をして涙を流してくれたというのです。生前に父から大きなお金を貸してもらい、そのお礼に手を合わせに来たということで、自分の知らない父親の一面を知って、それまで反発していた父親に正面から向き合う気持ちになれたといいます。その男性が足を運ぶきっかけをつくったのはグリーフ専門士でした。

 悲嘆というのは家族や我々専門家との関わり以外で和らぐことも少なくありません。ですから周囲にどんなヒントがあるかに目を向け、哀しみにとらわれすぎない柔軟な関わりが大切です。

著名経営者

  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎

プロフィール

  • お名前井手 敏郎
  • お名前(ふりがな)いで としろう
  • 出身東京都
  • 身長173cm
  • 体重62kg
  • 趣味合気道、八光流柔術