ニッポンの社長

ニッポンの社長 > アイデックス社会保険労務士法人 代表社員 吉成 正樹

― 御社のサービスの詳細を教えてください。

 当法人と顧問契約を結ぶ、地元の製菓会社である三州製菓株式会社へのコンサルティングの実例をご紹介します。

 同社のテーマの一つに「高齢者が活躍する企業になる」というものがあり、「地域別生涯現役社会実現モデル事業」(厚労省委託事業)に平成25年度のモデル企業として選ばれました。弊社は就業規則の変更を社外委員としてサポートするなどのコンサルティングを担当しました。

 その結果、60歳定年の就業規則を変更して77歳継続雇用制を導入しました。さらに高齢者が活躍できる企業として今もいっそうの改革に取り組んでいます。

 もう一つ、女性が活躍する企業として採用に向けてアピールしたいという意向があり、女性の雇用促進を実施。26年にAPECで女性が活躍する企業として日本から5社の中に選ばれ、28年には渋沢栄一賞や男女共同参画社会づくり功労者として内閣総理大臣賞を受賞することができました。

 単なる手続き業務のサービス提供だけでなく、企業での「働き方」を変えていくようなコンサルティング業務ができるのが当法人の強みであると考えています。

― 代表就任の経緯を教えてください。

 当法人は、私の父である先代社長が昭和49年に創業しました。私はもともと技術職で平成5年にパイオニア株式会社に入社。「開拓者精神」を理念にする会社でエンジニアとして充実した日々を送っていたのですが、創業者が高齢のため、二代目として事業承継することになりました。

 当初はパイオニアを定年退職後に事業承継することを考えていたのですが、平成25年6月に母が亡くなり、その遺言で私がすぐに社労士法人を継ぐことが告げられていたのです。

 遺言を尊重する形で急転転職、翌月にパイオニアを退社し、翌々月に当社に入社。かねて社労士試験には合格していたのですが、入社と同時に社労士として登録し、翌26年に代表社員に就任することとなったのです。

― 経営者として大切にしていることを教えてください。

 一般的な会社経営は、売上が小さくても利益を大きくするというのがセオリーです。しかし当社は考え方が逆で、売上を大きく、利益は「ゼロ」を目指しています。

 というのも、売上は社会貢献の度合いの指標と考えており、売上が向上すれば、それだけ多くのお客様から仕事を依頼されているということで、社会貢献をより大きく実現できているという証でもあります。

 つまり、利益を大きくして会社にお金を残すことや出資者である私自身に配当を出すことは考えておらず、利益があれば、それは従業員に還元したいのです。現在は経営者という立場ですが、私自身サラリーマン生活を20年間やっていましたから、従業員の立場や生活感についてよく分かります。

 日ごろから自身のため、会社のために頑張っている全従業員に全利益を還元して、従業員を大切にしていきたいと考えています。

著名経営者

  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明

プロフィール

  • お名前吉成 正樹
  • お名前(ふりがな)よしなり まさき
  • 出身埼玉県
  • 身長171cm
  • 血液型O型
  • 出身校青山学院大学大学院