ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > その道のプロフェッショナル > 株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役社長 小笹 芳央

※下記はベンチャー通信31号(2008年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【インタビュー後編】アイ・カンパニー(自分株式会社)としての自立

― 最後に御社のビジョンを教えてください。また就活生に対してのメッセージもください。

 「モチベーションエンジニアリングによる社会の活性化」が、当社のビジョンです。具体的に言うと、会社に対しては“モチベーションカンパニー”になろうと提言しています。社員のモチベーションを刺激して、社員のモチベーションを会社の成長のエンジンにする。これだけ人材が流動化している現在、優秀な人材を確保するには、モチベーションを成長エンジンにしない会社は長続きしないと思います。

 また個人に対しては「アイ・カンパニー」、つまり自分株式会社としての自立を提唱しています。自らを一つの株式会社と見立てて、自らの市場価値を常に客観的に捉えるようにと提言しています。

 そして、このような状況を会社と個人が実現して、非常に高いレベルでコラボレートすることができれば、とても面白い世の中になると思います。それが私のよく言う“遊(あそぶ)・学(まなぶ)・働(はたらく)の融合された社会”です。仕事の中に、遊びもあり学びもあるという社会。つまり労働が苦役ではない社会の実現です。

 そして最後に、私が就活生に伝えたいことは2つあります。1つ目が、就活はとても貴重な経験だということ。こんなにも多くの会社に出会える機会はもうないと思います。すごいチャンスです。いろんなことを吸収して、就活を通して自己成長してください。

 2つ目が、社会に出るのは楽しいということ。社会に出ると学生時代のような自由がなくなるとネガティブに捉えることもあるかと思います。しかし、「アイ・カンパニー」という意識で日々仕事をすると、いろんな人からの信頼が残高として貯まります。この信頼の残高が貯まれば貯まるほど、自由になれるんです。時間の自由や職業選択の自由、金銭的な自由などが獲得できます。つまり、将来の本質的な自由の獲得のために、しっかりと仕事に向き合って欲しい。目の前の仕事から逃げないで周囲の期待に応えられる存在になって欲しいと思います。

 どこかに楽園なんてあるわけじゃありません。日々の地道な積み重ねが、全てです。現実の課題から逃げずに、一歩一歩を着実に歩んでいってください。何度も繰り返しますが、人間にとって一番大事なのは“信頼”です。その“信頼”の積み重ねこそが、“自由”に近づく一歩なんです。年をとって、より自分のしたいことができるような本質的な自由が欲しければ、まずは目の前にあることに集中して頑張ってください。

■ 小笹 芳央 (おざさ よしひさ)

1961年、大阪府生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、86年に株式会社リクルートに入社。本社人事部人材開発課長、大手町営業所長、組織人事コンサルティング室長、ワークス研究所主幹研究員など、一貫して組織人事領域を歴任。2000年、株式会社リンクアンドモチベーションを設立、同社の代表取締役社長に就任。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎

プロフィール

  • お名前小笹 芳央
  • お名前(ふりがな)おざさ よしひさ
  • 出身大阪府
  • 身長173cm
  • 体重63kg
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間8時
  • 趣味ワイン、映画、読書
  • 購読雑誌GOETHE、日経ビジネス
  • 家族妻、息子2人
  • 今までに訪れた国6ヵ国
  • 座右の銘ひとりひとりの本気がこの世界を熱くする
  • 尊敬する人アルバート・アインシュタイン、坂本龍馬
  • 好きな食べ物鉄板焼、天ぷら、寿司
  • 嫌いな食べ物納豆