ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社リヴェラ 代表取締役 中村 健二

株式会社リヴェラ 代表取締役 中村 健二

若き経営者の揺るぎない信念が エンジニアの働き方を変えていく

エンジニアの採用が難しい時代になっている。優秀なエンジニアをなかなか獲得できず、事業が回らない企業も多い。そんななか、設立して間もないSES(システム・エンジニアリング・サービス)企業の門を、エンジニアたちがこぞって叩いているという。それがリヴェラだ。プロジェクトに求められているエンジニアをアサインするのではなく、「エンジニアが求めているプロジェクトにアサインする」という方式が、多くのエンジニアの琴線に触れたのだ。独自の発想でエンジニアの働き方を変えていく新方式を生み出したのは、同社代表の中村氏。「エンジニア至上主義を貫く」という同氏に、その信念が生まれた経緯や活躍しているエンジニアの事例などを聞いた。

― まず、事業内容を聞かせてください。

 大手SIerを中心とするクライアントが推進する開発プロジェクトに、私たちエンジニアが参画して専門技術を提供しています。いわゆるSESです。参画するプロジェクトはWeb系からアプリ開発、インフラ系などじつに多岐にわたります。というのも、一人ひとりのエンジニアに合ったプロジェクトを、会社として探し出し、受注しているからです。「ゲーム開発を手がけたい」「プロジェクトマネージャーをやってみたい」など、一人ひとり志向は違うので、必然的に多種多様なプロジェクトに参画することになるわけです。

― えっ。受注したプロジェクトがまずあって、それに合うエンジニアをアサインするのがSESのやり方だと思っていました。

 私たちは違います。最大の特徴として『フェアネス方式』と呼んでいるやり方があります。これは、簡単にいえば、エンジニアにとって非常にフェアなやり方で仕事ができる方式のことです。自分のやりたいプロジェクトを自分で選べ、報酬の計算式を公開し、すべてガラス張りにしているのです。

 ですから、エンジニアはいまの自分がもつスキル、これから伸ばしていきたい分野、稼ぎたい給与、働きたい勤務地、許容できる労働時間といった理想像をもとに、自身自身で参画するプロジェクトを決めます。そして、そのプロジェクトにおいて、顧客と当社がいくらの金額で契約しているのか、そのなかからエンジニアに何%を支払っているかということもオープンにしています。

 大切にしているのは、エンジニアの待遇をできるだけよくするということ。現在はエンジニアに67%を還元することができています。

― なるほど。確かにとてもフェアですね。エンジニアは自分の希望を会社にどう伝えているのか、もう少し詳しく教えてください。

 まず、入社時点でエンジニアとじっくりと話し合います。その人がどんな分野のスキルをもっているのか。実力はどの程度なのか。今後どういう仕事をしていきたいのか。そして、どういうライフスタイルを理想としているのかについてもしっかりと耳を傾けます。

 たとえば、「なによりも仕事内容を重視したい」という人もいれば、「プライベートを大切にしたいので、残業の少ないプロジェクトがいい」と人それぞれ優先したいものは違いますから。そうした情報をもとに、それぞれに合ったプロジェクトを会社として探してきます。

― しかし、「このプロジェクトは自分に合っている」と思って選んだものの、実際に始まってみると「思っていたのと違う」と感じてしまうケースも出てくるのではありませんか。

 ええ、よくあることです。そういう場合は、プロジェクトから離脱してもかまいません。新たなプロジェクトを選んでもらいます。クライアントには、エンジニアが一定期間、プロジェクトに参画したら、離脱する自由を認めてもらっています。

 これまで、「この仕事は自分に合わない」となったとき、そこから抜け出すためには、エンジニア側がとりえる手段は転職しかありませんでした。でも、転職先の仕事が自分に合うかどうかは実際にやってみないとわからないですよね。エンジニアにとってそれはとてもリスキーなこと。その点、リヴェラでは転職することなく、次から次へと「やりたい仕事」を選ぶことができ、携わることができます。

著名経営者

  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝

プロフィール

  • お名前中村 健二
  • お名前(ふりがな)なかむら けんじ
  • 出身埼玉県
  • 身長176cm
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 趣味読書、運動全般
  • おススメ本人を動かす
  • 今までに訪れた国20ヵ国
  • 尊敬する人
  • 尊敬する経営者藤田 田
  • 好きな言葉一日一生