ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社リヴェラ 代表取締役 中村 健二

― どんなエンジニアが活躍していますか。

 入社する前から、エンジニアにプロジェクトを用意したケースがあります。まだ22歳と若いエンジニアでしたが、特定の分野での才能に目を見張るものがありました。人格的にも申し分ない。ですから、入社する前に彼の能力を活かせるプロジェクト候補を20件近く用意し、出迎えたのです。本人が満足してくれただけでなく、クライアントからも高い評価をしてもらえました。

 ほかには、社内システムの仕事を8年間担当していたエンジニアのケース。すでに豊富な経験があり、高いスキルを身につけていました。ですが、社内システムですから、スキルの幅を広げることが難しく、モチベーションを保つことが難しくなっていたんです。「エンジニアとして、もっといろいろな分野にチャレンジしたい」ということでリヴェラの門を叩いてくれた。入社後は数多くのプロジェクトのなかからゲーム業界の仕事を選び、大活躍。いまでは、ウチの稼ぎ頭になっていますよ。

 また、26才の男性エンジニアの例。もともと彼は「アプリ開発をしたい」ということでIT業界に入ったそうです。でも、前職では会社の都合で運用・保守の仕事をずっとしていました。しかし、「やはり好きな仕事がしたい」ということで、リヴェラに入社しました。現在、プロジェクトに参画しながら、アプリ開発のスキルや知識を改めて習得しているところです。

― クライアントが求めるのは即戦力。必要な分野の経験が浅い人は活躍できないのではありませんか。

 いいえ。そんなことはありません。私たちがエンジニア採用の条件としているのは、半年以上の経験。そして、「このプロジェクトに携わりたい」「こういう働き方をしたい」という明確なビジョンをもっていること。それだけです。経験が浅くても「こんなエンジニアになりたい」と強い意欲をもっているエンジニアはモチベーションが非常に高いですからね。ましてや当社ではエンジニアが望む案件にアサインしているので非常に高いパフォーマンスを発揮しています。そうなればクライアントからの評価が高くなるのは間違いありません。クライアントから評価されればさらに仕事をまかせられ、スキルアップにつながっていきます。

 当社としても、全力でエンジニアが目指すキャリアパスに沿ってサポートしていきますが、いちばんは「本人の意欲」が大切になってきます。

― エンジニアの希望ありきでプロジェクトを受注することは、じつはクライアントへの提供価値を上げることにもつながっているわけですね。

 ええ。クライアントにより高い価値を提供することと、エンジニアの能力を上げていくことは完全に合致します。ですから、会社としてエンジニアのスキルアップのための投資は惜しみません。経験や実力が足りなければ、「教育案件」というものに参画してもらうこともできます。これは、参画先に経験豊かなエンジニアがいて、その指導のもと、テスターやサポートの仕事をしながら徐々にスキルや知識を養っていくというものです。

 ほかには、各種資格試験、セミナー参加、書籍購入などは会社が費用を負担します。また、表彰は年3回おこなっています。年3回やるのは、その人の努力や成長を評価する機会をより多くもうけたいから。表彰式は盛大にやりますよ。この間は、がんばった社員に一眼レフカメラをプレゼントしました。次回の表彰では、海外旅行のペアチケットを用意する予定。リヴェラの最大のミッション、揺るぎないテーマとなっているのは、「『やりたい』を実現できる環境を提供する」ということなのです。

著名経営者

  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央

プロフィール

  • お名前中村 健二
  • お名前(ふりがな)なかむら けんじ
  • 出身埼玉県
  • 身長176cm
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 趣味読書、運動全般
  • おススメ本人を動かす
  • 今までに訪れた国20ヵ国
  • 尊敬する人
  • 尊敬する経営者藤田 田
  • 好きな言葉一日一生