ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社リヴェラ 代表取締役 中村 健二

― 先ほど社員の方に、「リヴェラってどんな会社ですか」とたずねたら、「自由にノビノビと働けるところです」と。エンジニアのみなさんがとても楽しそうなのが印象的でした。

 それはうれしいですね。社員同士の仲がいいのも一因かもしれません。ダーツ、釣り、ボードゲームなどサークルがどんどん立ち上がりますし、社員同士、休日に集まって遊んでいるようです。これはちょっと驚きです。私が最初の会社で働いていたときは、土日に職場の人と会うなんて絶対イヤでしたからね(笑)。

― そう思う人も多いですよね(笑)。では、そんなビジネスパーソンだった中村さんが、いまの独自の経営論にいきつくまでのキャリア・ヒストリーを聞かせてください。

 学生時代からIT業界志望で、最初に入社した会社はSIerでした。配属されたのはデータベース構築の部署。与えられたものに懸命に取り組み、結果を出すことができました。しかし、労働環境面で納得できない点がいくつかあったんです。自分の将来と改めて向き合ったときに、「帰国子女の経験を活かしてなにかできないか」という想いが込み上げてきたんですよね。そんな想いがつのって退職したあとは、起業を考えました。単身海外に渡り、ノウハウを学びました。

 帰国後、当社の母体となるエージェントグローに入社したのは、起業資金を貯めるため。面接でも正直にそのことを話しました。「ウチの会社は腰かけか!」と怒られるかなと思っていたのですが、「とてもいいじゃない。応援するよ」といわれ、驚きましたね。私にとって幸運だったのは、エージェントグローが「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」というミッションを掲げている会社だったこと。エンジニア時代に不満に思っていた労働環境への不満がクリアになり、こんな働き方であればIT業界も悪くないなって改めて思えたんです。

 そのエージェントグローが、自分たちと同じコンセプトの会社をもっと増やそうとグループ企業を立ち上げることになり、社長を社内募集。真っ先に手を上げましたよ。

― 見事に指名され、社長として会社を立ち上げた、と。リヴェラはエージェントグローの志を継承しているのですね。

 はい。そして、同時に「リヴェラならでは」の特色を出していきたい。特に「エンジニアが成長できる環境」ということに、よりフォーカスを当てていきたいですね。2021年には100人の企業規模になることが見えています。「SESといえばリヴェラとエージェントグローだよね」と言われる存在になりたいと思っています。

 そして、「エンジニアがやりたい仕事を通して成長し、成長がそのまま報酬に反映される」という働き方を常識にし、エンジニア至上主義の仕組み・制度・文化を日本全国に広げていきたい。そうすることで「希望する仕事に就けない」「もらっている給与に納得がいかない」「自分のライフスタイルに合った働き方ができない」というエンジニアがいない世の中にしたいですね。

■ 中村 健二 (なかむら けんじ)

1988年、埼玉県生まれ。SIerにてエンジニアとして活躍後、26歳で退職。留学関係の起業準備のため、単身海外に渡る。その後、株式会社エージェントグローに入社。2018年4月、同社のグループ企業として株式会社リヴェラ設立にあたり、代表取締役に就任。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛

プロフィール

  • お名前中村 健二
  • お名前(ふりがな)なかむら けんじ
  • 出身埼玉県
  • 身長176cm
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 趣味読書、運動全般
  • おススメ本人を動かす
  • 今までに訪れた国20ヵ国
  • 尊敬する人
  • 尊敬する経営者藤田 田
  • 好きな言葉一日一生