ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社NITTA CONSULTING FIRM 代表取締役社長 仁田 晃人

― その中で、御社の強みや特徴を教えてください。

 特に、最初に挙げた技術系コンサルティングの領域で、独自性の高いサービスを提供している点が挙げられます。私は電気電子部門の技術士として、「プロフェショナルエンジニア」と呼ばれる称号を取得しており、高いレベルでの技術コンサルティングを提供できます。

 中でも、「再生可能エネルギー」の導入・管理・運用・保守において、ワンストップでコンサルティングサービスを行うことができる点は大きな強みでしょう。

 そして、当社は再生可能エネルギーの導入を手掛けるエンジニアが所属する企業が数あるなか、さらにプロフェッショナルエンジニア(技術士)が在籍する数少ない企業で、太陽光、風力、バイオマス等再生可能エネルギーの分野に関しては第一人者の位置にあるという自負があります。

 「卒FIT」がもたらす再生可能エネルギーの運用方法の新たな展開は、グローバル市場規模に至ります。再生可能エネルギーを効率的に、かつ安定的に供給するためには、イノベーションを含めたエネルギーの運用方法がポイントとなることはもちろん、新たな電力ネットワークの構築がなされることになるでしょう。

 そして、やはり当社の強みとして象徴的なものは、技術面の高いスキルを教えると同時に、人材面・安全面に関するサポートを同時に提供し、ワンストップサービスとして確立している点でしょう。事故を未然に防ぎ、円滑な事業推進をはかることが、科学技術を取り扱う企業に求められる大きなテーマに違いありませんから。

― 技術と人材・安全面のコンサルティングを一体で提供する内容とはどのようなものですか。

 経験を踏まえてご紹介すれば、たとえばデータセンターのコンサルティングがあります。

 ビッグデータを管理するデータセンターが、自然災害や突発的な事故、あるいはテロによって機能が停止してしまうとどうなるでしょう。甚大な被害や損害が多方面に広がることが容易に想像できます。そうした事態が生じないよう、人的要素も含めたリスクヘッジを図れる設計や冗長構成を考え、突発事故に強い事業環境を構築します。

 技術に関する事故や災害が起こった場合の技術鑑定業務や、最近は電気電子に関連する事故鑑定も多くなっており、安全面を担保するための業務のニーズは高まっています。

― なぜそうした特徴や強みをもつに至ったのか、経緯を教えてください。

 私はもともと、キャリアのスタートで原子力発電に関わる各種試験や試運転業務を経験しました。その後ビルマネジメントの会社で人事・労務関係や部下の育成、また労働安全管理などに従事。その後IBMに移って、セキュリティーに関するデータセンターの構築コンサルティングや建設業の営業所における専任技術者としてのキャリアを積みました。

 そして2016年3月から再生可能エネルギーを扱う商社に入り、技術士としての技術的見解を持ち合わせた技術営業の業務を担当。そうした一連のプロセスを通じて、科学技術や人事・労務、再生可能エネルギーのノウハウを積むに至ったのです。

著名経営者

  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明

プロフィール

  • お名前仁田 晃人
  • お名前(ふりがな)にった あきひと
  • 出身福島県
  • 身長168cm
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間4時間
  • 平均起床時間6時
  • おススメ本働く意味(川崎紀久雄著)
  • 座右の銘日進月歩
  • 尊敬する経営者松下幸之助
  • 好きなスポーツ野球、格闘技
  • 好きな漢字一文字
  • 飼ってるペット黒パグ、ペキニーズ