ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社クーウィックNS総研(QSK) 代表取締役社長 永井 滋

― 御社が大切にしているポイントは?

 お客様の「物心両面の資産」を最大限に活かすことを、まずは念頭に置いています。私が以前に関わった別のプロジェクトでの話ですが、これも当初目標の3倍の結果となり、クライアント様からは日本で一番の成果(当時)だったと耳にしたこともあります。その際も、元々もっている物心両面の資産の掘り出しと最大活用を念頭におき、関係各者と企画を進めていきました。このプロジェクトで学んだことが今でも活かされ、先の大手流通企業様での企画立案時にも役に立っています。一見役に立ちそうにないデータも資産としてマーケティングに役立つかどうかを検討するという視点、その際は、お客様との接点を まずは用いるべき資産であるという方向性で企画を進めたことが大きかったように思います。限られたご予算内でも目標以上の成果を上げる事ができました。

 また、目標に対して1日単位・1人単体で考えるなど心理的なハードルを下げ、組織内やご担当者様間などでのモチベーションを上げる仕組みも時には必要です。特にチャレンジングかつ継続的な案件の場合は、こうした視点が大切になってくる場合がありますし、昨今のスピード時代では短期的な視点も大切ですが、しばらく経過を見る仕組みが必要な場合もあります。また同時に、私のような外部の人間が当事者意識をもつことも大切です。クリエイター的なこだわりも重要ですが、私は逆に当事者としての感覚もバランスよく持って案件に臨むように心がけています。

― 経営者として大切にしている事は何ですか?

 私は経営者としてはまだ未熟ですが、当社理念の「物事が良くなるよう決して諦めない」ことは大切にしたいと考えています。なぜなら、当社が理想的な概念をご提案する仕事をしているからです。

 当社がご提供しているサービスについては、オリジナリティのあるものを育てていく事も大切と考えています。たとえば、お客様とその先の社会に対して、結果も含めて良い影響を与えていけるよう努力していきたいと思います。当社の成長スピードは決して速くはありませんが、とにかく「着実」に一歩一歩の成長を目指したいと考えています。

― 今後のビジョンを教えてください。

 私は、「エンドクライアント様やその先の事も想い、こだわって企画したものが世の中に良い影響を与えて伝播すること」を信じています。当社が企画を提供する価値は、お客様の売上をアップさせる事だけではありません。コミュニケーション手段として法人の人格が反映される重要な機会を活かす事で、売上もアップさせて企業へのイメージも良くなるなど、複合的にステップアップができるような企画支援をめざしています。

 今後、「クーウィックNS総研に依頼すれば化学反応が起きて、改善や成果が期待できる」と感じていただける企業様を増やせたら良いですね。お客様とともに当社もレベルアップできることが一番大切だと思っています。

■ 永井 滋 (ながい しげる)

1980年2月29日生まれ。2011年6月に起業し、2014年4月に法人化。プランナーとしての基礎を叩きこまれてから10年近くになる。現場から上がってきた、少し珍しいタイプのプランナー。これまで、大小数多くの企画案件に携わる。社の業務としては、デスクリサーチ・リサーチ案件~企画立案、時に実行に至るまでを行う。ファクトを大切にし、そこから打開に向けての概念的なコンセプトやスローガンに集約した後、状況に応じて各専門の人たちと連携を取り合いながら、各論としての方策に至るまで、企画立案と実制作を担当している。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社セプテーニ・ホールディングス

    七村 守
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子

プロフィール

  • お名前永井 滋
  • お名前(ふりがな)ながい しげる