ニッポンの社長

ニッポンの社長 > SBIホールディングス株式会社 代表取締役執行役員CEO 北尾 吉孝

※下記はベンチャー通信24号(2007年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【インタビュー後編】ソフトバンクの孫正義社長について

― 話は変わりますが、ソフトバンクの孫社長については、どう思われますか?

 天才だと思いますよ。孫さんの集中力は本当にスゴイ。でも、天才が最後まで生き残るかどうかは分かりません。経営者は晩年に老醜をさらしてはいけませんから、「足るを知る」ということが大事だと思います。

 僕が野村證券を辞めてソフトバンクに行くと決めた時に、僕が尊敬しているイトーヨーカ堂の創業者、伊藤雅俊さんのところに報告に行ったんです。そしたら、まず伊藤さんに「北尾君が辞めたら、野村證券に誰がいるというんだ」って言われました。しばらく沈黙した後に続けて、「で、どこに行くの」と聞かれたんで、「ソフトバンクという会社に行こうと思っています」と僕は言いました。

 それを聞いた伊藤さんは、「あっ、孫君のところか。それならいいね」と。「ご存知なんですか?」と聞くと、「孫君は天才だよ。でも、重大な欠陥があるんだよ」と伊藤さんが言う。僕は思わず、「欠陥とは何でしょうか?」と聞きました。そして伊藤さんは、「孫君は事業欲が強すぎるんだよ」と言われたんです。さらに「まあ、北尾君なら孫君を止めることができるかもしれない。いいコンビになるよ」とも言われました。

 はじめ伊藤さんが言われる「事業欲が強すぎる」の意味がよく分かりませんでしたが、入社して2ヶ月もしないうちにその意味が分かりましたね(笑)。さすが伊藤さんです。その慧眼には驚きました。

 ダイエー創業者の中内さんもそうでしたが、どんなに商売の天才でも、事業欲が強すぎて、晩年まで事業をして失敗するケースもある。孫さんも“止まるを知る”、“足るを知る”ということが鍵になると思いますね。

― 最後に若い読者にメッセージを下さい。

 まずは人間学を学んで、徳を積んでほしい。そして奥深い人間になってください。せっかくこの世に生まれてきたのだから、自分自身の成功のためだけに生きるのではなく、世のため人のためという“志”を持ってほしい。

 最近ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどのアメリカの実業家が、莫大な額の個人資産を慈善事業に寄付することを決めました。日本の起業家も、これを見習ってほしいと思いますね。

■ 北尾 吉孝 (きたお よしたか)

1951年、兵庫県神戸市生まれ。74年、慶応義塾大学経済学部卒業、野村証券入社。ケンブリッジ大学経済学部へ留学後、世界を舞台に活躍。また企業のM&Aや株式公開などに腕をふるう。95年、孫正義社長に招へいされ、ソフトバンクに常務取締役として入社し、ソフトバンクグループの急成長を支える。2005年、ソフトバンク取締役を退任。現在は、SBIホールディングスの代表取締役CEO。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二

プロフィール

  • お名前北尾 吉孝
  • お名前(ふりがな)きたお よしたか
  • 出身兵庫県
  • 出身校慶應義塾大学