ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 杉本不動産株式会社 CEO 杉本 裕也

― 土屋グループで転機になったのはどのような出来事でしたか。

札幌の豊平支店だったときに、会社が東京の世田谷に支店を開設するから、新規立ち上げで、支店長として行ってほしいという異動の話をもらったのです。栄転でもあり、私自身も東京で勝負したいという気持ちもありましたので二つ返事でOKして、早速その日の夜に実父に報告しに行ったのです。

 すると経営者でもある親父は、喜んでくれるどころか「やめとけ」と。「支店長になっても部長の下。たとえ部長になっても社長の下だろう。だったら俺の会社を継がないか」とそのとき初めて言われたんです。

 結局、土屋グループを退職しました。

― なるほど。その後、どう御社の起業へとつながっていったのですか。

 退職後は地元手稲区内の某不動産会社に転職しました。

 しばらくして環境にも慣れ、仕事の実績も上がるようになったときに、やはり自分で経営をしたい、という思いが募っていったんです。社長の決裁を待っていると、どうしても意思決定のスピード感で劣り、他社に負けるケースが多々ありました。

 そこで、「自分で新しい会社を作りたい」「自分自身で事業をスタートしたい」と考え、30歳のときに現在の杉本不動産を設立しました。と、言うよりは学生時代から30歳までに何かの業種で独立したいという気持ちで常にいました。

 経営者になれば、仕事はすべて自己判断で自己責任。自分が頑張ればそれが成果となって業績につながります。大変なことや苦労、ストレスも多いですが、乗りたい車に乗って、着たい服を着て、行きたい国に行ったりと、好きな仲間と語らったり、今は毎日が楽しいですね。こういう生活をしていると妬みや嫉妬をされるのは日常茶飯事ですし、よく「若いのに生意気だ」とか、「調子こいてる」とか言われます。私自身はただ、好きなことを実現するために本業を粛々とやってるだけなんですけどね。しかし当然、私はボランティア活動や寄付行為も行っております。私と関わる人からの全員の賛同を貰えれば一番いいのですが、現実的には支持率100%なんて総理大臣でも厳しいので私も半分は諦めてますね。(笑)

― 杉本社長がいつも大切にしている仕事のスタンスについて教えてください。

 私は不動産ビジネスについてのノウハウは前職の土屋グループで学びましたが、やはり社長として大切にすべき考え方は、経営者の大先輩でもある親父の姿を見ることで教わったように思います。

 親から学んだ考え方として、3つの事柄があります。1つめが「仕事は他人様がさせてくれる。人に好かれなくても良いから嫌われない努力をすること」。人に好かれることは難しいかもしれませんが、日ごろから約束を守る、時間を守る、目上の人に対して節度を持つことを心掛けています。

 2つめが「感性を磨く」。物事の受け止め方は、受け取った人の感性によって様々な反応があります。例えば、困難な問題に直面した際に不運と思うのかチャンスと思うのかはその人次第ということになります。

 そして3つめが、「納税をする」ことの大切さ。企業を経営する上で目指すべき成果として社会貢献があり、それが目に見えるものの一つとして納税があると教わりました。納税しないと金融機関から融資が下りませんしね。(笑) そうした実行力の伴う経営をこれからも心がけていきたいと考えています。

著名経営者

  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋

プロフィール

  • お名前杉本 裕也
  • お名前(ふりがな)すぎもと ひろなり