ニッポンの社長

ニッポンの社長 >  子どもの未来を応援するニッポンの大人たち  > 株式会社SUI 代表取締役 居川 光世

株式会社SUI 代表取締役 居川 光世

自ら行動し探求する子どもを育てることで、きっと日本は変わる

世界において、近年日本の大学ランキングが下がっているという現実がある。その理由は多々あるなかで、従来の教科重視型の学習体系に限界があると指摘する人は多い。いわゆる「詰め込み型」の画一的な教育ではなく、自由な発想や個々のアイデンティティを重視した学びの必要性が説かれている。株式会社SUI代表の居川氏は、グローバル人材の育成を目的に、独自の英語教育を展開するプリスクールを運営。国際的な教育プログラムである「IB」の考えを取り入れ、従来の日本の幼稚園教育とは一線を画した学びの環境を提供して注目を集めている。

― まずは、事業内容を教えてください。

 子どもたちの「遊びと学びの場」である「Suiインターナショナルプリスクール」と、英語教育に特化した「Suiインターナショナルアカデミー with GrapeSEED」を運営しています。

 1歳児からを対象にした「Suiインターナショナルプリスクール」は、国際基準の学習環境をベースに、変化の激しい今の社会のなかで、「子どもたちに将来に向かって力強く歩んでほしい」という願いから開校しました。

 幼児期の子どもにとって、初めて出会う遊びや体験の数々は、その後の人生に大きな影響を与えます。ポジティブで楽しい体験を重ねることで、子どもたちは積極的に行動し、生涯にわたって学び続けるための基礎を育むことができる。

 当スクールでは、国際社会への適応力と、意欲的に学び続ける力を育むことを目的に、英語の学びを含めた最高の学習機会を提供しています。

― スクールではどのような学びが実践されていますか。

 子どもたちの学習の場をより豊かにするために、「クリエイティブカリキュラム」による学びを基本にしています。クリエイティブカリキュラムとは、「発達年齢に合った適切な環境と経験のなかで子どもたちの創造性を伸ばし、意欲的な学習姿勢を育む」という、アメリカでもっとも支持されている教育カリキュラムです。

 子どもはつねに、行動することによって学びます。そして、子どもにとっての行動とは、遊びと経験のなかで育まれるもの。そのなかで、自らが積極的な考え方をもちながら探究し、物事がどうなっているかを見つけ出していくプロセスがなによりも大事なのです。

 そのプロセスを大切にすることで、前向きな学習姿勢や態度、さらには、自分に対して積極的な見方をもつ姿勢が培われるわけです。

 つまり、私たちのスクールの学びでは、さまざまなテーマについて、自ら行動し、探求していくプロセスを主体にしているんです。

― そうした教育のもとになっている理念はなんでしょう。

「バカロレア」や「IB」という言葉をご存じでしょうか。

 IB(International Baccalaureate:国際バカロレア)は、当スクールがベースとしている「クリエイティブカリキュラム」に共通した考え方が多い、教育プログラムです。現在では世界140以上の国・地域で実施されている国際的な教育プログラムです。

 実は今の安倍内閣において、日本の国際競争力を向上させるための施策として、「国際バカロレア認定校を200校まで増やす」という目標が明記されました。政府が積極的にIBによる人材育成を推進する方向に舵を切ったことで、次第に注目を集めています。

 これまでの日本の学校教育は、教科単位で成績をつける教科学習が柱になっていました。そこから脱却し、各教科が横断的な関連性を保ちつつ、さらにその他の学習要素を取り入れながら生涯学習者を育成していくIBの考え方に共感し、当スクールでもその考えに沿った学びを提供しています。

著名経営者

  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿

プロフィール

  • お名前居川 光世
  • お名前(ふりがな)いかわ みつよ
  • 出身東京都
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間5時
  • 趣味ダンス、読書
  • 家族夫、猫5匹
  • 座右の銘人生とは今日1日のこと
  • 尊敬する人
  • 尊敬する経営者ウォルト・ディズニー
  • 尊敬する歴史上の人物デール・カーネギー
  • 好きな女優メリル・ストリープ
  • 好きなミュージシャンマイケル・ジャクソン
  • 好きな歌(曲)Rose
  • もし生まれ変わったら?再び教師の道