ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 世の中に独自の価値を提供する社長 > 株式会社スマスマ 代表取締役 平沼 海統

― なるほど、よくわかりました。平沼さんは“営業”という仕事に、こだわりをもっているのですね。

 そうかもしれません。キャリアのスタートがIT関連企業の営業職でしたから。「ビジネスの基本は営業だ」と考えて、起業の準備として就職したんです。でも、やってみたら、営業という仕事のおもしろさに、ひきつけられました。というのも、営業ってやり方が決まっているわけじゃない。自分で「どうやったら売れるだろうか」と戦略を立てて、アプローチしていくことができる。それがおもしろかった。成績で社内トップに立つこともあり、自信とノウハウを得たところで会社を辞めました。

― 起業するとき、コールセンターという業態を選んだ理由を聞かせてください。

 じつは、最初から計画していたことではないんです。起業して、あるお客さまから「ウチの商品の販売を手伝ってくれないか」と相談を受けたんです。それで「大丈夫です。任せてください!」と請け合ったものの、1社1社、自分で売って回っていたのではとても追いつかない。どうすればいいか。「じゃあ、人を雇用して電話でアポイントを獲得すればいい」となり、結果的にコールセンターという業態になっていきました。

― それがこれほど大きく成長した、と。では、今後、どんなビジョンを描いていますか。

 少し大きなことをいえば、日本の営業というものを変えたい。日本はいま、超高齢化社会に入っていて労働力人口が激減。働き方改革を進め、生産性を高めていく必要がある。ITなどのテクノロジーがどんどん進化しているなかで、人のチカラだけに頼り、人海戦術でやっていく営業の時代は終わろうとしています。効率よく、データを活用し戦略的に営業をする時代になると思います。その時代の先頭を走り、独自のビッグデータを構築・提供し企業の成長に貢献していきたい。企業の業績が伸び悩むのも、営業のやり方に問題があるからにほかならないのですから。

 そのため、『アポ Leader』をさらに進化させていきます。蓄積されたデータをAIに分析させ、人がいなくても「売りたい」「買いたい」という会社どうしの最適なマッチングができるようにしていきたい。

― そうなると、営業職はいらなくなってしまう…?

 いいえ。営業はより戦略的な仕事になります。ターゲットを分析し、どう攻略していけばいいかを考えるゲーム的な要素が高まり、よりおもしろい仕事になるでしょう。いま、営業職の採用が難しくなっているのは、「営業の仕事はツライ、キツイ」と思っている人が多いから。その価値観を変えていきたい。そして、日本で実績を積んだあとは、このビジネスモデルを海外にもっていき、世界中の営業のスタイルを変えていくつもりです。

■ 平沼 海統 (ひらぬま かいと)

1997年、愛知県生まれ。上京してIT関連企業で経験を積んだ後、独立。2018年、コールセンターを企画・運営する株式会社スマスマを設立。わずか1年で約70社のクライアントを獲得。2019年、コールセンター事業で蓄積してきた膨大な企業データを活用し、営業支援サービス『アポ Leader』をリリース。ニッポンの旧態依然とした営業スタイルに風穴を開けるべく奮闘している。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央

プロフィール

  • お名前平沼 海統
  • お名前(ふりがな)ひらぬま かいと
  • 出身愛知県
  • 身長177cm
  • 血液型O型
  • 趣味仕事・野球