ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ニンニンドットコム 代表取締役 鈴木 忍

株式会社ニンニンドットコム 代表取締役 鈴木 忍

ビジネス視点をもつクリエイターが経営者の頭の中をカタチにする

Webマーケティングのサービスを提供する会社は数あれど、ニンニンドットコムのもつノウハウは、他社とはスタンスが大きく異なる。本来のWebマーケティングの領域だけでなく、企業のマーケティング全般の戦略やセールスプロモーション、人材採用に至るまでの様々な要素で経営者を後方支援。その結果、クライアント企業の9割以上の売上向上という確かな成果を導き出している。ビジネスの「司令塔」として経営戦略の最上流から携わる同社のサービスのコンセプトについて、同社の鈴木代表に話を聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 Webサイトの企画・制作、その後の集客代行や運営まで、Webマーケティングの総合支援が主な事業です。ただし他社と大きく異なるのは、「Webを使ってビジネスを発展させたい」と考えている経営者に対して、単なるWebマーケティング業務の請負ではなく、企業の経営戦略の内側に最上流から携わり、あらゆる企画提案を行っていく点です。

 当社には「経営者の頭の中をカタチにする」というコンセプトがあり、たとえば企業のマーケティング顧問となって、経営者が考えるビジネスや顧客を理解し、その企業がもつ価値を最大化させるための魅せ方や、顧客獲得のための具体的な施策を提案して実行します。

 つまり、経営者の描いている理想をとらえ、どのように企業を魅力的に表現すべきかを各種クリエイターが企画してカタチにする。経営者が考える事業全体を見通し、その戦略や意思決定までに深く関わる「司令塔」としての役割を担うわけです。

 Webマーケティングを経営視点でとらえた上で、企業に新しい価値を生みだすためのあらゆるコンテンツを提供できるのが当社の強みといえます。

― なぜWebマーケッターがビジネスの「司令塔」として機能することができるのですか。

 現代の企業経営では、Webマーケティングが企業のマーケティングをつかさどる重要な位置づけになることが多いからです。いまや企業の事業成長において欠かせないマーケティングや人材の採用戦略において、Webマーケティングの発想は欠かせません。

 経営者が考える目標を実現するために、Webマーケティングの分野を担うことによって、事業推進における重要な戦略の舵をとる司令塔になり得ます。そこではWebマーケティングの発想がそのまま通用するんですよ。

― 具体的に教えてください。

 いまや何でもネットで買える時代になりました。近くの店舗で買うという利便性はもはや重要でなく、いつでもどこでも購入可能なマーケットの中で、自社商品やサービスを「どうやったら選ばれるか」を常に考えければなりません。

 従来のプッシュではなく、受け身からのリマーケティングも含めた「選ばれる」ためのアプローチ。それは必然的に企業側でなくユーザー側に立ったマーケティングであり、その際に欠かせない顧客心理を考えることは、まさにWebマーケティングそのものなんです。

 Webマーケティングの発想は現代のマーケティング自体のノウハウにつながるわけで、それを今の経営者は求めているのです。Webマーケッターとしてのノウハウを最大限に生かし、あらゆる業種業態の企業の司令塔として、クライアントに新たな価値を提供したいと考えています。

著名経営者

  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市

プロフィール

  • お名前鈴木 忍
  • お名前(ふりがな)すずき しのぶ