ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ニンニンドットコム 代表取締役 鈴木 忍

― 鈴木社長がWebマーケティングに出会ったきっかけを教えてください。

 26歳の頃にフリーターとして文房具店で働いていて、最初は在庫管理などの仕事を担当していました。やがて世の中でIT化が進み、PCを使った管理方法に移行。私はITの素人でしたが、次第に会社のPC関連の仕事を任されるようになったんです。

 ひとつのきっかけとなったのは、その文房具店のホームページを私が作ったことでした。少し興味が湧いて自分で勉強しながら試行錯誤の中でなんとか完成。すると、次第に一般のユーザーから購入の申し込みが入るようになって、社内でも驚かれたんです。

 その後、Web担当として対応を重ねるうちに、ビジネスとはお客様から始まるものであり、個々の情報に接することで顧客ニーズを把握できることに着目。「やがてWeb担当者が企業の司令塔になるべき時代が必ず来る」と考えるようになりました。

― そこから起業に結びついたのですか。

 実は起業の前に、Webマーケティングを行う会社に転職しようと思って就活したのですが、何社も続けて落とされる憂き目にあいました。

 私は面接で、「何が得意?」と訊かれて、「ビジネスを発展させるために、どうWebを使えばいいか分かります」と売り込んだんです。すると、どの会社からも「そんなのはクライアントが考えることだ。大事なのは制作のスキルや技術だよ」と突き放されるばかりでした。

 私は、大切なのは「決まったものをいかに上手に作るか」よりも、「何をどのように創ればいいかを考えることができる」人こそ、求められるはずだと思っていました。

 それを訴えてもどこも採ってくれない…。それなら自分でやっていこうと考えて、起業することにしたのです。

― 当時の思いが御社の事業コンセプトにずっと息づいているのですね。

 そうですね。そうした考えを常に社員のみんなにはもってほしいと思っています。

 たとえば、「覚える勉強」には答えがありますが、「考える勉強」には正解がありません。でも実際に社会に出ると、ほとんどの事象に正解なんてないんですよ。「だから、覚える勉強なんかよりも、考える勉強をしなさい」―そう自分の子供にも言っています(笑)。

 まだまだモノが足りない時代であればそれで良かった。決められた答えに沿って作ることで需要はあったんです。

 だけど現代のようにモノが普及した時代では、まずは「選ばれる」ことが必要で、その方法を考えられる人材こそ求められる。情報を知識に換えて、ビジネスの司令塔になり得る人材こそが、これからの企業社会で最も必要とされるんです。

 答えを自ら創り出し、それを事業にして時代を牽引している経営者に、マーケティングの司令塔として常に接点をもつことができる。だからこそ、当社の仕事はおもしろいんですよ。

― 最後に求職者へのメッセージをお願いします。

 さまざまな経営者と一緒に、経営視点に立ったマーケティングを武器に企業の成長に携わることができる。いわば知的労働者の最高峰を味わえるような仕事は他にはないでしょう。企業や社会に新しい価値を創り出せる当社の環境で、あなたも仕事をしてみませんか。

■ 鈴木 忍 (すずき しのぶ)

1973年、秋田県生まれ。大学時にイラストやデザインに興味を持ち、夜間のデザイン学校に通いつつ、文具屋で働き始めてインターネットに出会う。同社のWeb制作を自ら担当し、やがて月間500万円を売り上げるサイトに成長。Webマーケティングの大きな可能性を感じて独立、2004年に株式会社ニンニンドットコムを設立して代表取締役に就任した。現在は社外取締役も含め、10数社の企業のマーケティング・採用などのブレーンとして事業戦略の企画立案や実行に携わり、クライアントの事業成長を後方支援している。

著名経営者

  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前鈴木 忍
  • お名前(ふりがな)すずき しのぶ