ニッポンの社長

ニッポンの社長 >  子どもの未来を応援するニッポンの大人たち  > 一般社団法人 D&A Networks 代表理事 中田 弾

― 中田代表は大学で建築を学び、一級建築士の資格も取得されています。どうして現在のような活動を行う団体を設立されたのでしょうか。

 中学生の時、父親の仕事の関係で海外で暮らす経験をしました。実は父親の仕事は建築とは無関係。でも、まちの雰囲気は日本とまったく違うし、高層ビルなどの建て方もおもしろく、そこで建築に興味を持つようになりました。大学の建築学科に在籍している時、ユニバーサルデザインに出会ったことがきっかけで、子どもや高齢者、支援が必要な方のための空間づくりを専門に学びました。ただ、大学にこもっていると実社会での困りごとがどこにあるのか、なかなか見えません。そこで始めたのが地域活動で、大学、大学院に在籍中は、子どもを対象としたワークシップの企画、運営を行い、千代田区の小学校、児童館、お祭りなどに関わっていました。大学院修了後、不動産関係の会社に就職し、そこでも勤務後や休日に地域活動を続けていましたが、自分のやりたいこと・すべきことは、オフィスではなくこの地域にある。そんな思いが次第に強くなり、会社は退職。そして、それまでの経験をベースに、この地域と、暮らす人たちの役に立つ事業を行う団体を設立しました

― 現在のD&A Networksの活動にも、中田さんの経歴が深く関わっている印象です。

 その通りだと思います。当団体の事業の多くは、行政や小学校などの教育機関、町会などからのご依頼から始まります。学生時代から10年以上、千代田区内で地域活動を続けてきた過程で、区役所やボランティアセンターの職員の方、地域の方々といろいろなお話をさせていただきました。学生の頃は、私が最年少という場も多く、かわいがってもいただきました。当時、現場で一緒だった方々が、今は上の職責に就かれていることも多く、「中田なら安心してまかせられる」と、ある種の信頼感が築けているのかもしれません。

― イベントの運営には大学生を起用していますが、人材の育成・教育はどのように行っているのでしょうか。

 現在、約300人の大学生が登録しており、当団体のスタッフとともにイベントの運営にあたっています。登録の際、我々の思いをきちんと伝えて共有してもらうようにしていますし、子どもや高齢者、支援が必要な方々との接し方、注意するポイントなども理解してもらった上での参加となります。大学生の中でも、現場の取りまとめ役として活躍してもらうリーダーの育成にも力を入れていますね。大学生を活用する意味ですが、単にマンパワーとしてだけでなく、若い世代との接点をつくることで地域を活性化できることが挙げられるでしょう。また学生にとっても、地域活動の経験は就活に反映されるでしょうし、社会に出てからの働き方にもいい影響を与えるはずです。Win-Winの関係が構築できていると思います。

著名経営者

  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志

プロフィール

  • お名前中田 弾
  • お名前(ふりがな)なかだ だん
  • 出身東京都
  • 血液型A型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 今までに訪れた国18ヵ国
  • 座右の銘一期一会
  • 好きなスポーツサッカー
  • 好きなミュージシャンMr.children
  • 出身校日本大学理工学研究科建築学専攻