ニッポンの社長

ニッポンの社長 > GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿

GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿

礼儀正しさに勝る攻撃力はなし

36歳の若さで、「日本初の独立系インターネットベンチャー」として店頭公開を果たした熊谷正寿。礼儀作法を重んじ、常に感謝の心を忘れない。自称メモ魔の異名を掲げ、「私は頭が悪いので、忘れないようにメモを取るんです」と謙虚な姿勢。そのメモの数は、数千にも数万にも及ぶという。温和な外見と真面目な性格から、一見すると順風満帆な人生を送ってきたように見える熊谷。しかし、熊谷の青春時代には想像を絶する困難と苦労があった。

※下記はベンチャー通信8号(2003年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【起業家の軌跡】

 熊谷正寿は、1963年7月に長野県で生まれた。実業家である厳格な父親のもとで育った熊谷少年は根っからの負けず嫌いだった。中学3年の夏に志望していた高校の偏差値は、65~70程度。当時の熊谷の偏差値とはかけ離れており、担任には「絶対無理だ。やれるもんならやってみろ」と嘲笑された。必ず担任を見返してやると心に誓い、寝ても覚めても勉強し、受験1ヶ月前には教科書を全て丸暗記。必死の努力が実り、第一志望の国学院大学付属高校に首席での合格を果たす。高校では「学年総代」を務め、入学式には新入生代表のスピーチも任された。当時の国学院大学の学長をして、「君は国学院大学に進学せずに東大に行ってくれ」とまで言わしめた。

 ところが一転。高校受験の成功体験が「俺はやればいつでもできるんだ」という慢心を生み、2年生になった頃には約600人中500番まで成績が急落。結局2年生の夏に高校を中退することになる。

 その後、大学に進学していく友人を見て「このままでは成長しない」という焦燥感に駆られた熊谷は、通信制の大学に通い始める。また20歳で結婚をし、21歳には第一子が誕生。それに加えて父親の会社で仕事も毎日こなしていた。当時の熊谷は、夫・父親・学生・社会人のひとり四役として多忙な日々を送っていたという。弱冠二十歳ながらも、熊谷は学費も生活費も全て自分でまかなっていた。

 そんなある日、家に帰ると奥さんがアルバイト情報誌を片手に涙している。訳を聞くと、「お金が無いから、子供を保育所に預けてアルバイトを始めるの」とただ一言だけ答えた。この言葉を聞いた熊谷は悩み抜いた挙句、一つのアクションを起こす。それは「夢のリスト」、「人生ピラミッド」、「未来年表」を作ることであった。一生涯を通じて自分は何がやりたいのか。筆に任せて一心不乱に書き綴った。そのとき見つけた熊谷一生涯のキーワードは「幸せ」と「成功」。この二つのキーワードを達成するべく、熊谷は起業家の道をひた走る。そんな熊谷に成功の秘訣を聞いてみた。

著名経営者

  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘

プロフィール

  • お名前熊谷 正寿
  • お名前(ふりがな)くまがい まさとし
  • 出身長野県