株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田 晋

※下記はベンチャー通信28号(2007年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。
インターネットの総合サービス企業として、常に業界をリードし続けているサイバーエージェント。現在もAmeba(アメーバブログ)やプーペガールなど、時代の先を読んだ新サービスを展開し、高い成長率を維持している。その成長の原動力となっているのが、積極的な新規事業の展開とそれを担う人材の育成だ。サイバーエージェントでは社歴や年齢に関係なく成果を出す社員が活躍できる環境がある。サイバーエージェント流の新規事業の立ち上げ、人材育成などについて社長の藤田に聞いてみた。
【インタビュー前編】新規事業を成功させなければ生き残れない


―変化の激しいインターネット業界で、御社が勝ち残ってきた理由は何だと思いますか。

 時流にあわせて新しい事業を展開していったからだと思います。逆に言うと、ひとつの事業だけに固執していたら、サイバーエージェントは生き残れなかったでしょう。

 インターネットの世界では、すでにブランドを確立した企業ですら時流にあわせた事業を手がけていかないと、あっという間に時代から取り残されてしまいます。インターネット業界はそのくらい変化の速い業界です。


―現在、最も力を入れている事業は何でしょうか。

 やはりインターネットメディア事業ですね。いま当社が注力しているのは、Ameba(アメーバブログ)http://www.ameba.jp/です。Ameba(アメーバブログ)は、ブログサービスをベースにSNSや動画投稿、コミュニティなど、ユーザーが求める機能を随時加えていったことで、世界でも類を見ない独自のメディアとして進化を遂げてきました。月間利用者数も1,000万人を超え、PVも非常に伸びています。

 また、今までのように海外の先行サービスをマネすれば良いという時代は終わりました。現在、サービスが流行したり進化するスピードは世界的に変わらなくなっています。だから日本のネット企業も新しいサービスを独自に創り出す力が求められているんです。


―次のサービスとして注目しているものはありますか。

 注目しているのは、「セカンドライフ」に代表されるようなネット上の仮想空間ですね。当社でも、「プーペガール」というアバターを使ったファッション特化型コミュニティサイトを運営し、急激に伸びています。アバターを着せ替えすることで、ファッション欲を満たしているというユーザーの傾向がありますね。

 またブログやSNSなどWeb2.0の流れにより、人々のクチコミのスピードがどんどん速くなってきています。当社でもネット上でのクチコミマーケティングサービスを提供していますが、以前はリアルな場で人から人に伝わっていたのが、今では個人のブログやSNSにより、そのスピードは格段に速くなりました。これによって人々の消費行動にも大きな変化が生じてきていると思います。


―新規事業の発案は、主に藤田さんがしているのですか。

 私が発案した事業は全体の2、3割くらいですよ。ほとんどの事業は現場の社員が自発的に発案してサービスを生み出しています。


―やはりキーポイントは優秀な人材の確保ですね。御社が求めている人材像を教えてください。

 素直で柔軟な人を積極的に採用しています。また協調性があるかどうかも大事です。やはり仕事はチームプレイでやるものですから、いくら個人の能力が高くても、組織に適合できないような人は採用しません。自分自身のことばかり考えている人よりも、会社全体のことを考えてくれる人を採るということです。

 しかし求めている人材像というのは、大企業でもベンチャー企業でもそれほど変わらないと思います。よくベンチャーで必要だと言われるベンチャースピリッツのようなものは、当社の採用ではあまり重視しません。われわれが多くの事業を立ち上げる中で分かったのは、もともと起業意欲が強くない人でも、新規事業の立ち上げを任されると自然とベンチャースピリッツを発揮することが多いということでした。つまり、環境という要因が非常に大事なんです。人は環境によって、保守的にもなれば起業家的にもなるんです。

  • 全体ページ数
  • 1
  • 2
  • 2

プロフィール

href=http://www.facebook- s
お名前
藤田 晋
お名前(ふりがな)
ふじた すすむ
出身
福井県
身長
173 cm
平均睡眠時間
6時間
平均起床時間
8時
趣味
仕事、ブログ、お酒
おススメ本
ビジョナリー・カンパニー
出身校
青山学院大学