ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 世の中に独自の価値を提供する社長 > 一般社団法人日本リ・ファッション協会 代表理事 鈴木 純子

― 貴協会では、どのような活動を行っているのですか。

 大きく分けて4つあります。1つ目は、リ・ファッションの普及。具体的には、リ・ファッションを実際に体験してもらうワークショップを企画・運営しています。たとえば、家庭で不用になったファッションアイテムの交換会や日本初の「リ・ファッション コンテスト」などです。リ・ファッションの楽しさ、幅広さを多くの人、特に生活者に知ってもらいたいと思っています。

 2つ目は、資格認定。「リ・ファッショニスタ」というリ・ファッション専門家の資格認定制度を、今年度からスタートさせます。3つ目は、CSR活動の支援。企業のCSR活動の企画をサポートします。リ・ファッションを切り口に、様々な企業のお手伝いができると考えています。

 4つ目は、リ・ファッション市場の創出。この7月4日から「リ・ファッション ラボ」を始動させました。家庭に眠ったままの不用衣料を回収し、それを用いて、社会貢献に役立てていきます。また同時に新しい産業を興すべく、様々な実証実験も行っていきます。さらに、まだ計画段階ですが、Webと実店舗を通じて、生活者と企業のマッチングも行う予定です。まずWebでは、リ・ファッションに関するポータルサイトを立ち上げ、様々なリ・ファッション サービスを検索できるようにします。また実店舗では、ホテルや百貨店などでリ・ファッションに関するイベントを開催したり、いずれはサロンなどを開設できればと考えています。

― リ・ファッションを軸に幅広く活動しているんですね。4つの中で、最も力を入れている活動は何ですか。

 やはり、リ・ファッションの普及活動です。まずはリ・ファッションについて多くの方に知ってもらわなければいけません。この普及活動のひとつとして、2010年1月から6ヵ月以上にわたり、当協会は「気づき、ときめき、リ・ファッション」という大規模なキャンペーンを展開しました。このキャンペーンの柱は「リ・ファッション コンテスト」。

 回収した不用衣料を素材に服をリメイクし、そのデザインの独創性、リメイクの技術などを競い合う日本初のコンテストです。全国から個性豊かな作品が多数集まりました。このキャンペーンは毎日新聞社のMOTTAINAIキャンペーン事務局の全面協力を得て、初めて実現できたものです。また、その他にも多くの企業が主体的、積極的に関わってくださいました。リ・ファッションを通じた※CSR活動としても高い評価をいただいています。


※CSR:Corporate Social Responsibilityの略で、企業の社会的責任のこと。「企業は最低限の法令遵守や利益貢献をするだけではなく、より高次の社会貢献活動などを自主的に行うべき」という考えのこと。

著名経営者

  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • 京セラ株式会社

    稲盛 和夫
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳

プロフィール

  • お名前鈴木 純子
  • お名前(ふりがな)すずき じゅんこ
  • 出身茨城県
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味アウトドアスポーツ、旅行
  • 今までに訪れた国6ヵ国
  • 座右の銘人間万事塞翁が馬
  • 尊敬する人ワンガリ・マータイ女史
  • 尊敬する経営者祖父
  • 尊敬する歴史上の人物マザーテレサ
  • 好きな食べ物オーガニック野菜、スイーツ
  • 好きなスポーツ登山、カヌー、乗馬
  • 好きな映画宮崎駿作品
  • 好きな俳優佐藤浩一
  • 好きなミュージシャンドリカムの吉田美和
  • 思い出に残るプレゼント有名な歌手に私のためだけに 歌ってもらったこと
  • いま欲しいプレゼント世界一周旅行
  • 自分だけの隠れ家山や河原でテント
  • 好きなお花バラ
  • 好きな漢字一文字