ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > その道のプロフェッショナル > 東京商業支援機構株式会社 代表取締役 本元 勝

― 本元社長の起業の経緯を教えてください。

 前職で、私は中堅商社に勤務していました。その会社では石油などの資源を企業に卸していましたね。そして、入社してすぐに、私は中小企業を主に担当する部署に配属されました。そのとき、多くの中小企業の経営者が「なかなか商品が売れない」と悩んでいるのを目の当たりにしたんです。売上不振の一因には、バブル崩壊後の長い不況の影響もあったでしょう。しかし、もし“売れる営業マン”がいれば、もっと中小企業の商品は売れる。そう私は感じていました。というのも、中小企業の商品の中には、独自性の高い商品も少なくなかったからです。

 その当時、すでに中小企業にも経理やシステム部門のアウトソーシングサービスは普及していました。しかし、営業のアウトソーシングサービスは、ほとんど普及していなかった。多くの中小企業は「自社の商品は自社で営業する」という固定概念にとらわれていたんです。しかし、自社の利益を最大化するために、「自社の商品は自社で営業する」という選択がベストとは限りません。そこで、私は中小企業に営業代行サービスを提供すべく、2010年2月に当社を設立したんです。

― 営業代行をするにあたって、御社が大切にしていることは何ですか。

 クライアントの商品に惚れ込むことですね。やはり営業マン自身が惚れ込まない商品は売れません。また商品に惚れ込めば、自然とその商品の良さを多くの人に伝えたくなる。情熱が胸の内からふつふつと湧いてくるんです。この情熱が相手に伝われば、クライアントの商品は自然と売れると思っています。

― 最後に、御社の今後のビジョンを聞かせてください。

 日本国内の企業の99%は中小・ベンチャー企業です。日本経済の活性化は中小・ベンチャー企業にかかっている。そう言っても過言ではありません。だから、これからも当社は中小・ベンチャー企業の支援に注力していきます。

 具体的には、まず中小・ベンチャー企業の営業をサポートし、売上アップに貢献していきたい。そして、今後は営業以外のサポートも行っていくつもりです。たとえば、経理やシステム部門のプロのコーディネートや資本調達などの支援も行っていきたい。これからも当社は中小・ベンチャー企業のパートナーとして、クライアントの成長を力強くサポートしていきたいと思います。

■ 本元 勝 (ほんもと まさる)

1971年、静岡県生まれ。1993年に中堅商社に入社。2006年に同社の取締役金融投資部門担当営業本部長に就任し、250名の部下を統括する。在職中の17年間で法人・個人合わせて約2万件の新規顧客開拓・販路拡大を行う。2010年2月に東京商業支援機構株式会社を設立し、代表取締役に就任。2010年4月、ドリームゲートアドバイザー(経済産業省後援)に就任し、セールスマーケティングの専門家として、起業支援も積極的に行っている。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫

プロフィール

  • お名前本元 勝
  • お名前(ふりがな)ほんもと まさる
  • 出身静岡県
  • 身長172cm
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間4時間
  • 家族
  • 両親の職業会社経営
  • 今までに訪れた国15ヵ国
  • 座右の銘我、生かす道他になし、この道を進む。
  • 尊敬する人
  • 尊敬する経営者
  • 好きな食べ物そば、エシャロット、漬物
  • 好きな言葉熱(ねつ)
  • 過去に戻れるならいつ?来た道よりも行く道が見たい
  • 休日の過ごし方DVD鑑賞、読書、散歩
  • オススメの飲食店近所のそば屋
  • 好きなお酒の銘柄ロイヤルハウスホールド
  • 好きなお花ひまわり
  • 好きな漢字一文字
  • 飼ってるペット愛猫11匹
  • 乗っている車キャデラックDTS