経営の原理原則を貫くニッポンの社長たち

ニッポンの社長 > インタビュー > 編集者オススメ記事

特集

  • 子どもの未来を応援するニッポンの大人たち

フリーワード検索

  • ベンチャー通信Online
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

著名経営者

  • 激動の昭和を駆け抜けた世界的起業家

    日清食品株式会社 創業者 安藤 百福

    幼い頃に両親を亡くし、商人の祖父母に育てられる。22歳の時に、最初の会社を興すが、その後、太平洋戦争に突入。時代の波に翻弄されながらも、いくつかの事業を立ち上げる。48歳の時に、世界初の即席めん「チキンラーメン」を発明。そして、即席めんの工業化を成功させて日清食品を創業。その…
    続きを読む

  • 世の中を動かすのは起業家だ

    楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史

    会員数8,500万人超、国内グループサービスの年間流通総額4兆円。インターネット分野において、株式時価総額で世界トップ10入り(2013年7月末時点)。三木谷浩史氏は、約15年で巨大な楽天グループを築きあげた。そして、2012年6月に発足した、eビジネス・ITビジネスを行う企…
    続きを読む

  • 困難を乗り越えて、本物のベンチャーをつくれ

    株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長 近藤 太香巳

    近藤は19歳でわずか50万円を元手にネクシィーズを起業した。その後、卓越した企画力と営業力で数々の困難を乗り越え、同社を成長に導いてきた。34歳の時にはナスダック・ジャパン(現:大証ヘラクレス)にIPO(以下、上場)を果たし、2004年に37歳という若さで東証一部上場企業の最…
    続きを読む

  • 礼儀正しさに勝る攻撃力はなし

    GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿

    36歳の若さで、「日本初の独立系インターネットベンチャー」として店頭公開を果たした熊谷正寿。礼儀作法を重んじ、常に感謝の心を忘れない。自称メモ魔の異名を掲げ、「私は頭が悪いので、忘れないようにメモを取るんです」と謙虚な姿勢。そのメモの数は、数千にも数万にも及ぶという。温和な外…
    続きを読む

  • 地域活性化のロールモデルをつくる

    株式会社アルビレックス新潟 取締役会長 池田 弘

    池田弘は神社の跡取りとして新潟で生まれた。27歳のときに神社の跡を継ぎ、同時に新潟総合学院(以下、NSGグループ)も開校する。その後NSGグループを成長させ、いまでは大学、高校、専門学校など合わせて30校、1万2000人の学生が学ぶ日本有数の学校法人と、医療・福祉機関も擁する…
    続きを読む