経営の原理原則を貫くニッポンの社長たち

ニッポンの社長 >  子どもの未来を応援するニッポンの大人たち  > 株式会社エメトレ 代表取締役社長 千明 哲治

特集

  • 子どもの未来を応援するニッポンの大人たち

フリーワード検索

  • ベンチャー通信Online
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

理念・ビジョンを大切にする社長

  • 西洋と東洋の“際”を目指して

    際コーポレーション株式会社 代表取締役 中島 武

    小柄ながら異様なまでに存在感のある中島武は、その独特のセンスを活かし、様々な業態のレストランを作り続けている。彼は、「紅虎餃子房」、「胡同マンダリン」など、最近話題のレストランの仕掛け人だ。そんなスタイリッシュなレストランを、いかにして全国に200店舗も展開させることができた…
    続きを読む

  • 「理想の会社」を追求し永続的に伸びる組織を作る

    株式会社イデアル 代表取締役 薄葉 直也

    創業以来、11期連続増収と止まることなく成長を続けるイデアル。商業用不動産サービスの業界において、店舗物件のサブリース、仲介という難易度の高い業態に果敢に挑戦し、他社を寄せ付けないノウハウでリーディングカンパニーの座を狙っている。その成長の要因は、最大の武器である若い人材の力…
    続きを読む

  • 困難を乗り越えて、本物のベンチャーをつくれ

    株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長 近藤 太香巳

    近藤は19歳でわずか50万円を元手にネクシィーズを起業した。その後、卓越した企画力と営業力で数々の困難を乗り越え、同社を成長に導いてきた。34歳の時にはナスダック・ジャパン(現:大証ヘラクレス)にIPO(以下、上場)を果たし、2004年に37歳という若さで東証一部上場企業の最…
    続きを読む

  • 礼儀正しさに勝る攻撃力はなし

    GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿

    36歳の若さで、「日本初の独立系インターネットベンチャー」として店頭公開を果たした熊谷正寿。礼儀作法を重んじ、常に感謝の心を忘れない。自称メモ魔の異名を掲げ、「私は頭が悪いので、忘れないようにメモを取るんです」と謙虚な姿勢。そのメモの数は、数千にも数万にも及ぶという。温和な外…
    続きを読む

  • ニッポンの「チーム力×開発力」で名古屋から世界市場を席巻してみせる

    株式会社エイチーム 代表取締役社長 林 高生

    リリースから1年3ヵ月で全世界のダウンロード数が700万を超えた『ダークサマナー』を開発。マザーズ上場から史上最短の233日で東証一部へ昇格――。名古屋市に本社を構えるエイチームは、いまもっとも注目を集めるITベンチャーのひとつだ。しかし、創業から6年間は業績低迷が続き、先が…
    続きを読む