ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > その道のプロフェッショナル > キャリア・ウィングス 代表 大久保 祐子

― 大久保さん自身が起業した経緯を聞かせてください。

 私自身はずっと、「成果を出す」ということにこだわりを持って仕事をしてきました。しかし、会社では限られた範囲内のサービスしか提供できません。その中で、本気で支援したいと思うお客様に対して、「自分ができることすべてを全力でやってみたい!」という意欲がふつふつと湧いてきました。

 その時に起きたのが「3・11」でした。そこで多くの人が感じたように、私自身も個人の力の限界や命のはかなさを感じました。そして、自分にとって「命の尊さ」を感じさせられる出来事が重なりました。その時初めて、「命には限界がある。だからこそ、絶対に後悔はしたくない。今やらなくて、いつやるのか!」そう考え、起業を決意したのです。

― 社名の由来はなんでしょう。

 恥ずかしながら、会社登記の前日まで社名も決めかねていました。ただ、私の中で確かなイメージはありました。人が満面の笑顔を浮かべ、赤と黄色の輝きを放つ、美しく真っ白な大きな羽根を羽ばたかせて、力強く大空に向かって飛んでいくというイメージです。

 キャリア支援を軸にして、人の働き方、生き方をサポートしていこう。人が未来に向かって、自信を持って飛び立っていけるような仕事がしたい。その信念だけは揺るがずに持っていました。だから、社名に「ウィング」だけは外せませんでした。

― ご自身は将来のビジョンをどのように描いているのですか。

 2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。これは、世界の中で約束された未来であり、2020年に向かって日本は大きく飛躍していくことでしょう。企業に対しても、起業志望の方々に対しても、その流れに乗るための全面的な支援をしていきたいですね。

 ただし、私自身は2022年を見ています。一大イベントが終わった後に取り残される人が出てこないように、すべての人々が自己ベストを尽くして、人や国のために貢献できるよう、関わる人の人生が輝く支援をしていきたいと思っています。

 同じ目的を持った仲間とつながり、私を必要としてくれる多くの人たちのためにエネルギーを注ぎたい。そして、「つながりのエネルギー」を巻き起こすことで、『新しい未来への第一歩を踏み出す!』、この瞬間を創り出すことに、人生を懸けていきたいですね。

■ 大久保 祐子 (おおくぼ ゆうこ)

静岡県出身。静岡薬科大学薬学部薬学科卒業後、漢方薬開発研究所に勤務。その後、IT情報通信会社へ転身。法人向コンサル営業、教育部、広報IRを経て、経営企画部マネジャーとして、業務改革支援を行う。2006年情報処理サービス会社人事部マネジャーとして、経営戦略に基づく人事制度構築と人材開発を継続的に実施。2012年、キャリア・ウィングスを設立。ライフ・キャリアイノベーターとして、独自開発した自己変革プログラムで、企業向管理職・次世代リーダー研修、大学講師、講演会活動、起業家支援を中心に、年間100日以上登壇。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • シダックス株式会社

    志太 勤

プロフィール

  • お名前大久保 祐子
  • お名前(ふりがな)おおくぼ ゆうこ
  • 出身静岡県
  • 趣味筋トレ・行動観察
  • 座右の銘有言実行
  • 好きな作家リンダ・グラットン
  • 好きなスポーツテニス
  • 出身校静岡薬科大学薬学部薬学科