ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 人材採用と育成に力を入れている社長 > 株式会社リベルワークス 代表取締役 李 亨植 

― そのような考え方をどうやって現場に浸透させているのですか?

 まず毎週月曜日に朝礼を行っています。朝礼では全社員が品質向上の取り組みを報告し、仕事に対する意識を高めています。品質向上の取り組みには、開発工数の削減など生産性向上の取り組みだけではなく、あいさつの徹底など社内コミュニケーションを活性化させる取り組みも含まれます。

 また重要な経営判断をする際は、全社員が参加する「リベルサミット」を開催しています。「リベルサミット」では、経営陣と社員に発言権の差はありません。全社員が平等な立場で、自由に意見をぶつけ合えるので、誰もが“首脳”として経営に携わることができます。ISOの取得について判断する際は、毎月のように「リベルサミット」を開いていました。他にも新規事業の立ち上げ、研修制度などについて、「リベルサミット」で意見をぶつけ合いました。

 この「リベルサミット」は経営陣からの議題がなくても、社員が議題を提案すれば開くことができます。役職、年齢、社歴は関係ありません。実際、当社の開発グループの部門編成については、若手社員の発案で決まりました。当社が「自由を創造する」会社であり続けるためにも、今後も社員に自由なフィールドを提供していきたいと考えています。

― 今後のビジョンを聞かせてください。

 医療業界は法規制や技術レベルの面で参入障壁が高い。私が中途ハンパな気持ちで会社経営をしていると、大企業の下請けにしかなれません。ですから、これからも徹底的に人材力と技術力を磨き続け、強い会社をつくっていくつもりです。

 また、当社は人との“めぐりあい”を大切にして、これまで成長してきました。社員が集まってくれたのも、クライアントとお取引ができたのも、すべては“めぐりあい”を大切にしてきた結果だと考えています。会社組織もソフトウェアも、人がいてこそ成り立つものです。これからも人との“めぐりあい”を大切にして、社員と共に成長していきたいと思います。

■ 李 亨植 (り ひょんしく)

1966年、在日韓国人3世として茨城県に生まれる。大学を卒業後、ソフトハウスに入社。システムエンジニアとして、医療系のシステム開発を手がける。2006年に株式会社リベルワークスを設立し、代表取締役に就任。同社は「感動品質の提供」を企業目標に掲げ、顧客から厚い信頼を集めている。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫

プロフィール

  • お名前李 亨植
  • お名前(ふりがな)り ひょんしく
  • 出身茨城県
  • 身長179 cm
  • 体重74kg
  • 血液型O型
  • 趣味スポーツ(特に球技)
  • 家族妻と娘2人
  • 今までに訪れた国10ヵ国
  • 座右の銘自彊不息
  • 尊敬する人父母
  • 尊敬する経営者李 鳳宇
  • 尊敬する歴史上の人物李 退渓
  • 好きな言葉引き寄せる
  • 好きな作家宮部みゆき
  • 好きなスポーツサッカー
  • 好きな映画ゴットファーザー
  • 好きな女優鈴木京香
  • もし生まれ変わったら?プロサッカー選手
  • 休日の過ごし方子供と遊ぶ
  • 好きなお花胡蝶蘭
  • 好きな漢字一文字