ニッポンの社長

ニッポンの社長 >  子どもの未来を応援するニッポンの大人たち  > 成増塾(株式会社スプリングスCEO) 塾長  高島 穣

― 塾長として、また運営会社のCEOとして大切にしていることを教えてください

 講師のことを信頼して裁量を与え、自由に授業をしてもらうことですね。唯一伝えていることがあるとすれば、「自分がベストと考える授業を提供すること」。それ以外は何の制約もルールもありません。報酬は歩合制で、頑張って成果を出し続ける講師にはその分高い報酬を出しています。30歳そこそこで年収3000万円近くの講師もいます。塾の運営について、ミーティングをする際も、現場に最も近い講師の意見を尊重するようにしています。

― 今後の目標を教えてください

 成増塾の累計受講者数1000名を、3年で2倍にするのが目標です。ただ無理な拡大はしません。最も大事なのは講師の水準の向上と維持。その質を落としてまで拡大しても意味はありませんから。今後、若手講師を育てたり、優秀な講師を集めることで、少しずつ拡大できればいいですね。

― 受験生やその保護者へのメッセージを聞かせてください。

 まずは体験授業を受けていただきたいですね。実際に体験してもらえれば、ほかの塾と全く違うことが分かると思います。ほかの塾に通っていて、「成増塾はこんなに熱心に指導してくれるんですね」「これまでの塾では、作文や記述問題を見てくれませんでした」「今の塾はチューターが学生で、質問してもきちんとした答えが返ってきません」といった感想をもつ受験生や保護者はたくさんいらっしゃいます。

― 長期ビジョンを聞かせてください。

 文科省は2020年から、入試制度の変更を発表しています。具体的には現在の暗記型から、思考力重視の内容になる見通しです。しかし、私たちは難関大学の入試に特化し、思考力を重視してきたので、これからも基本的な教育方針は変えません。今後、入試のあり方は欧米のように多様化していくでしょう。ですから、時代の流れに応じて、私たちも変えるべき部分は変えなければいけない。しかし、変えてはいけない部分、つまり「一人一人の生徒としっかり向き合うという成増塾の基本方針」は絶対に変えることはないです。また将来的には、これまでに培った教育のノウハウを活かして、インターナショナルスクールの運営も行いたいですね。

■ 高島 穣 (たかしま じょう)

1963年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業、同大学院修了。大手予備校で英語科講師として東大選抜クラス等を担当。大教室での授業スタイルに疑問を感じ1996年、板橋区成増に少人数制の難関大学受験指導専門塾である「成増塾」を設立。選抜試験がないにもかかわらず塾生の多くが志望する難関大学に合格したことから評判を呼び、次第に生徒数が増加。現在、成増、高田馬場、下高井戸、西葛西、白金台の5か所で校舎を展開。受講生徒数は1000名を突破。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市

プロフィール

  • お名前高島 穣
  • お名前(ふりがな)たかしま じょう
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間7時間
  • 好きな食べ物イタリアン
  • 好きな言葉臨機応変
  • 好きな映画always三丁目の夕日
  • 好きな音楽モーツァルト