ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 世の中に独自の価値を提供する社長 > 一般社団法人日本リ・ファッション協会 代表理事 鈴木 純子

― どのような経緯で日本リ・ファッション協会を設立したのですか。

 当初は「リ・ファッション」というキーワードはなかったものの、2005年頃から志を同じくする人たちと意見交換を繰り返していました。そのネットワークを中心に、任意団体「日本リ・ファッション推進委員会」として、2009年7月4日に文化女子大学で「リ・ファッション ワークショップ2009」を開催しました。洋服を購入する際のアドバイスから始まり、ケアやメンテナンス、リペア、リフォーム、リメイク、リサイクル、リプロダクトまでのリ・ファッションの一連の流れを体験できるようにしたんです。このイベントはたった一日の開催にも関わらず800人を超す来場者が集まり、多くのマスコミにも取り上げてもらいました。「リ・ファッションに対する社会の関心は非常に高い。

 リ・ファッションというコンセプトが受け入れられる時が、やっと来た」との思いを強くし、同年9月に当協会を設立しました。ちなみに、当協会は「一般社団法人」という組織形態です。この「一般社団法人」は社会貢献活動と営利活動を両立させる公益性の高い組織形態です。株式会社という営利組織でも、NPOという非営利組織でもありません。また、単なる研究会でもなく、同業者の集まりや異業種交流会でもありません。リ・ファッションを実践する生活者もメンバーに加えた組織体制で、実効力のある活動をしていきます。

― 最後に、今後のビジョンを聞かせてください。

 リ・ファッションを日本だけでなく、世界中へ広めていきたい。元気な地球を次世代へ残すために、循環型社会を実現したいと思います。ただ、この大きなビジョンは当協会だけでは決して実現できません。より多くのコンシューマーとサプライヤーが同じ方向を目指し、意識や行動を変えていく必要があります。

 すでに生活者は「エコ商品」を選択するなど、リ・ファッション的な新しい暮らし方を始めています。「大量生産・大量消費・大量廃棄型」から「循環型」へと、企業もそのビジネスモデルを変える時を迎えています。当協会では、「リ・ファッション サポーター企業登録制度」を設け、企業とのコラボレーションに力を入れていくつもりです。多くの企業と協力し、21世紀型のビジネスをともに創っていきたいと思います。リ・ファッションを推進していくために、ぜひともお力をお貸しください。

■ 鈴木 純子 (すずき じゅんこ)

1965年、茨城県生まれ。大手システムソリューション会社などを経て、1996年に有限会社アプロディーを設立し、代表取締役に就任。1999年、同社を株式会社へ改組する。2009年に一般社団法人日本リ・ファッション協会を設立し、代表理事に就任。「リ・ファッション」という新しいコンセプトを提唱し、多数のメディアから注目を集めている。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫

プロフィール

  • お名前鈴木 純子
  • お名前(ふりがな)すずき じゅんこ
  • 出身茨城県
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味アウトドアスポーツ、旅行
  • 今までに訪れた国6ヵ国
  • 座右の銘人間万事塞翁が馬
  • 尊敬する人ワンガリ・マータイ女史
  • 尊敬する経営者祖父
  • 尊敬する歴史上の人物マザーテレサ
  • 好きな食べ物オーガニック野菜、スイーツ
  • 好きなスポーツ登山、カヌー、乗馬
  • 好きな映画宮崎駿作品
  • 好きな俳優佐藤浩一
  • 好きなミュージシャンドリカムの吉田美和
  • 思い出に残るプレゼント有名な歌手に私のためだけに 歌ってもらったこと
  • いま欲しいプレゼント世界一周旅行
  • 自分だけの隠れ家山や河原でテント
  • 好きなお花バラ
  • 好きな漢字一文字