ニッポンの社長

ニッポンの社長 > エステー株式会社 取締役会議長 兼 代表執行役会長(CEO) 鈴木 喬

※下記は経営者通信35号(2015年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

事業部ごとにトップをつくり 後継者を育てていく

― 鈴木さんは80歳になります。後継者育成については、どんな手を打っていますか。

 事業部ごとのトップを何人もつくっていく方針を立てています。そのなかから、後継者が出てくればいいと。

 カリスマ経営者なんて、育成しようと思ったってできやしないんですよ。もしいたら、もう寝首をかかれて、そいつがトップになっていますよ(笑)。それよりも小さなトップをたくさんつくったほうがいい。

「すべては自分の責任だ」 なんて考えなくてもいい

― それはなぜでしょう。

 マイクロバス1台分くらいの小さな組織がちょうどいいからです。「小さい会社は不利」という常識は間違い。経営資源は少ないですが、スピードがあって有利なんです。ただ、エステーは分割できないから、事業部にしようと。事業部長に全権を委任して、そのなかから力量のある人を社長にします。これまでに4つをつくりました。2015年4月から9つの事業部で動きだします。

― 最後に、中堅・中小企業の経営者へアドバイスをお願いします。

 あまり思いつめずに、ニコニコしてください。そうすれば、たいていなんとかなります。たかがビジネス、命までとられるようなことはありません。肝っ玉を太くして、なんとかなると思っていたほうがいいですよ。

 事業にはいいときも悪いときもあります。悪いときにシケた顔をしていたら、ツキもやってこない。逆にうまくいったからといって調子に乗らないほうがいいですな。

 やれ不景気だ、円安だと顔をしかめていてもしょうがない。そのうち次の案がでてくることもあれば、再び円高になって解決することもあるんですよ。短絡的に見て泣いたり怒ったりしないほうがいいですよ。心がリラックスした状態でないと、適切な経営判断はできませんから。

 それから、あまり自分のせいにしすぎるのもいけません。社長はよく「すべては自分の責任だ」と思いつめてしまう。そんなプレッシャーをしょっちゅう感じてたら、つぶれちゃいますよ。

■ 鈴木 喬 (すずき たかし)

1935年、東京都生まれ。家業の日用品ディスカウンターの仕事を戦後間もない小学生のころから手伝う。1959年に一橋大学を卒業後、日本生命保険相互会社に入社。40代で法人営業部門を立ち上げ、年間契約高1兆円以上のトップセールスマンとして活躍。1985年にエステー化学株式会社(現:エステー株式会社)に出向し、1998年に代表取締役社長に就任。バブル期の負の遺産を処分し、「消臭力」をはじめとする商品開発によってヒットを連発。2012年より代表執行役会長を務める。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子

プロフィール

  • お名前鈴木 喬
  • お名前(ふりがな)すずき たかし