ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 世の中に独自の価値を提供する社長 > シアトルコンサルティング株式会社 代表取締役 京和 将史

※下記はベンチャー通信40号(2009年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

― その後、京和さんはどのような進路を歩んだのですか。

 大学を卒業後、私は成長中のITベンチャーに入社しました。私と一緒に入社した同期は、東京大学や早稲田大学、慶應大学など一流大学出身。ベンチャーマインドを持った優秀な人材ばかりでした。そんな刺激的な環境で、私は4年半に及ぶサラリーマン生活をスタートさせたんです。

 入社1年目はITエンジニアとして働き、2年目から営業マンに転身。営業では技術職で培った専門知識を活かし、数多くのクライアントを新規開拓しました。そして営業を始めて6ヵ月目に、初めてトップの営業成績を獲得。それから退社までの4年間、常にトップの営業成績をキープし続けました。

― 起業のきっかけは何だったのですか。

 現在の当社の取締役である砂川との出会いです。もともと私は入社後5年以内に起業するつもりでした。しかし、確実に起業を成功させるには、自分ひとりの力だけでは足りない。信頼できる優秀なパートナーを探していたんです。

 そして2006年、私は砂川と出会いました。お互いに理想の会社をつくろうと意気投合。2人で当社を設立したわけです。

― 昨秋のリーマンショック以降、世界中で不況が尾を引いています。システム業界は不況の影響を受けやすいと思いますが、御社の経営状況はどうだったのでしょうか。

 たいへん厳しい状況でした。もともと当社のクライアントは金融、システム業界や外資系企業が中心。いずれもリーマンショックの影響をもろに受けました。当然、当社も大きな打撃を受けました。

 2008年10月を境に、売上は減少。さらに2009年3月、ピンチが訪れました。クライアントとの契約更改のタイミングで、多くのITコンサルティング、システム開発の契約が打ち切られたんです。そもそもクライアント自身の仕事がなく、自社の社員をリストラしている状況。ですから、契約打ち切りも当然でした。

 そして翌月の4月。当社の売上は、前年比でなんと40%もダウンしてしまいました。業績は単月赤字に転落。当社は会社設立から36ヵ月連続で黒字でしたから、初めての赤字です。

 まさに正念場。今こそ、経営者として真価が問われる時だと思いました。そこで、私は環境変化に対応するため、経営をイチから見直しました。そして全社員をまとめあげ、必死に業績回復に取り組んだんです。その結果、3ヵ月後には業績の黒字化に成功。さらに現在は売上も着実に伸びており、今期は過去最高益が出る見込みです。ちなみにリストラは一切していません。それどころか、今は採用に力を入れ、社員数を増やしているくらいです。

著名経営者

  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央

プロフィール

  • お名前京和 将史
  • お名前(ふりがな)きょうわ まさふみ
  • 出身東京都
  • 身長181 cm
  • 体重65kg
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間6時
  • 趣味サーフィン、ゴルフ、映画鑑賞
  • おススメ本スノーボール
  • 購読雑誌日経ビジネス
  • 今までに訪れた国7ヵ国
  • 座右の銘生き残るのは強い種でも大きい種でもない、適応する種
  • 尊敬する人別所 宏恭
  • 好きな食べ物和食、イタリアン
  • 乗っている車アルファード